あれだけ信頼していた最高裁が何ちゅう判決を…

000000 テキサスの訴えに対する最高裁の判決12112020.png

さぁ、今からお買い物と思っていた矢先に、こんなニュースが飛び込みました。
(と…言って、私が気付くのは遅いのかもです。皆さんは、もっと早くに気付いていらっしゃったのかもしれませんね。)

Harano Times Official
なかなか簡単に行かないものですね。
テキサス州の共和党が正式な声明を出しました、憲法を守る州と結束すると @oikawa_yukihisa
 Chairman Allen West's Response to SCOTUS Decision - Republican Party of Texas
及川幸久 香港加油!
@oikawa_yukihisa  4h
最高裁がテキサス訴訟を拒否した声明です。理由はlack of standing 憲法第3章において当事者の適格性に欠けるとのこと。この判断にはアリート判事とトーマス判事の名前が出ています。両方とも保守。
最高裁の発表文の後半を見ると、「私の意見では...」とアリート判事とトーマス判事の意見が出ているが、意味がわかりにくい。どうもこの二人は審議に賛成で、他の判事(トランプが指名した3人含めて)が反対したことを意味しているように見える。
テキサス訴訟が却下された今、ボールは州議会に戻ってきた。州の選挙人を誰にするかは州議会次第だ。それが残りの時間でできるかどうか。また、それ以外に道はあるのか、冷静に考えましょう。


テキサス州の苦情法案を提出する休暇の動議は、憲法第3条に基づく立場の欠如のために拒否される。


テキサス州は、別の州が選挙を行う方法に対する非常に認識可能な関心を実証していない。他のすべての保留中の動議は余地を残して却下されました。

トマス司法長官が加わるアリト司法長官の声明:私の見解では、元の管轄権に該当する場合に備えて、苦情法案の提出を拒否する裁量権を持っていません。

アリゾナvを参照してください。カリフォルニア州、589米国(2020年2月24日)(トーマス、J.、異議申し立て)私は苦情法案を提出する動議を認めるが、他の救済を認めず、他の問題について見解を表明しない。


Chairman Allen West’s Response to SCOTUS Decision
Chairman Allen West’s Response to SCOTUS Decision
Posted 12.11.2020 - by RPT Staff
Logo of the Republican Party of Texas

Austin, TX, Release: December 11, 2020. For Immediate Release
Below is Chairman Allen West’s statement regarding the decision by the Supreme Court to dismiss Texas’ constitutionally legitimate and critical lawsuit.

“The Supreme Court, in tossing the Texas lawsuit that was joined by seventeen states and 106 US congressman, has decreed that a state can take unconstitutional actions and violate its own election law. Resulting in damaging effects on other states that abide by the law, while the guilty state suffers no consequences. This decision establishes a precedent that says states can violate the US constitution and not be held accountable. This decision will have far-reaching ramifications for the future of our constitutional republic. Perhaps law-abiding states should bond together and form a Union of states that will abide by the constitution.”

The Texas GOP will always stand for the Constitution and for the rule of law even while others don’t.



SCOTUSの決定に対するアレンウェスト会長の対応


以下は、テキサス州の憲法上合法かつ批判的な訴訟を却下するという最高裁判所の決定に関するアレンウェスト会長の声明です。

「最高裁判所は、17の州と106の米国下院議員が参加したテキサス州の訴訟を棄却し、州は違憲な行動を取り、自国の選挙法に違反する可能性があると布告しました。 法律を遵守する他の州に損害を与える影響をもたらしますが、有罪の州は何の影響も受けません。 この決定は、州が米国憲法に違反する可能性があり、責任を問われない可能性があるという前例を確立します。 この決定は、立憲共和制の将来に広範囲にわたる影響を及ぼします。 おそらく、法を遵守する州は、結束し、憲法を遵守する州の連合を形成する必要があります。」

テキサス州の共和党は、他の共和党が支持していない場合でも、常に憲法と法の支配を支持します。


トランプ大統領もTwitter
The Supreme Court really let us down. No Wisdom, No Courage!
1:50PM DEC.12, 2020

最高裁判所にはガッカリさせられた。彼らには知恵も勇気もない!とtweetされています。


更にオマケ情報

及川幸久 香港加油!
@oikawa_yukihisa  3h
その州議会ですが、アリゾナ州下院議会は選挙結果を認めない決議をするつもりです。今日最高裁がテキサスの訴訟を却下したことが、逆に、州議会の勇気を喚起することになればいいのですが。


Arizona State Representatives Call for Election Decertification

By Gary Du
December 11, 2020 Updated: December 11, 2020

000000 アリゾナの人々の声.jpg
Supporters of President Donald Trump in front of the Maricopa County Election Department while votes are being counted in Phoenix, Ariz., on Nov. 6, 2020. (Olivier Touron/AFP via Getty Images)

Republican Arizona state representatives called on Monday for decertification of the state’s election results in order to maintain public confidence in the integrity of the election.

“I believe that America is on a precipice” and that the “2020 election has been stolen,” Arizona State Rep. Anthony Kern (R-LD20) said at an event on Monday.

“I definitely support the president; it’s not just about one man. This is about the integrity of our electoral process, not just in Arizona, but in the United States of America, and if we lose this today, we will lose it forever,” Pam Kirby, the 1st vice-chair of the Arizona GOP said.

About two dozen Arizona Republican legislators, legislators-elect, and members of the Republican party called on the state’s leaders to take action on claims of election fraud.

“This isn’t about President Trump. This is about a true and transparent election,” said Arizona State Rep. Walter Blackman (R-LD6).

But Arizona House Speaker Rusty Bowers said on Dec. 4 that he thinks the state legislature cannot intervene in appointing electors.

“Nothing in the U.S. Constitution or the decisions of the U.S. Supreme Court even suggests that the Arizona Legislature could retroactively appoint different electors who would cast their ballots for 2 different candidates,” he said.

Kirby said that the Republicans have various fronts to fight on: lawsuits have been filed and legislators can call for decertifying the election. Arizona has over 28,000 duplicate ballots with strong indications of irregularities.

The Supreme Court of Arizona rejected a GOP filing to overturn the election result on Dec. 9, and said the margin between Biden and President Trump is not narrow enough to trigger an automatic recount. They cited case law concluding that honest mistakes or omissions don’t change the validity of an election.

Kirby and her GOP colleagues said that they are pushing two things forward: getting lawsuits to the United States Supreme Court so it can examine evidence and judge the case based on the Constitution; and calling for a special session of the Arizona state legislature to get enough votes to nullify the electors or to send electors for Trump.

Kern said that what is happening in the United States is familiar to those from socialist countries. “One election took them over the precipice,” and socialists got control in countries like China.

State Sen. Sonny Borrelli said nobody likes tyranny, as mankind was not meant to be tyrannized. Americans are free people, born free, and should stay free.

“So let’s rise up America. Let’s fight,” Kern said.

Jack Phillips contributed to this report

アリゾナ州の代表者が選挙の認証取り消しを要求

アリゾナ州の共和党代表は月曜日に、選挙の完全性に対する国民の信頼を維持するために、州の選挙結果の認証を取り消すよう求めた。

アリゾナ州議会議員のアンソニー・カーン(R-LD20)は月曜日のイベントで、「アメリカは危機に瀕している」と「2020年の選挙が盗まれた」と述べた。

「私は間違いなく大統領を支持します。一人の男だけではありません。これは、アリゾナ州だけでなく、アメリカ合衆国における選挙プロセスの完全性に関するものです。今日これを失うと、永遠に失われます」と、アリゾナ州共和党の第1副議長であるパムカービー氏は述べています。

約20名のアリゾナ州の共和党議員、議員選挙、および共和党の党員が、州の指導者に選挙不正の申し立てに対して行動を起こすよう呼びかけました。

「これはトランプ大統領についてではありません。これは真の透明な選挙に関するものです」とアリゾナ州議会議員のウォルターブラックマン(R-LD6)は述べています。

しかし、アリゾナ州下院議長のラスティ・バワーズ氏は12月4日、州議会が選挙人の任命に介入することはできないと考えていると述べた。

「米国憲法や米国最高裁判所の判決には、アリゾナ州議会が2人の異なる候補者に投票する異なる選挙人を遡及的に任命できることを示唆するものすらありません」と彼は言いました。

カービー氏は、共和党にはさまざまな戦線があると述べた。訴訟が提起されており、立法府は選挙の認定を取り消すよう求めることができる。アリゾナには28,000を超える重複投票があり、不規則性が強く示されています。

アリゾナ州最高裁判所は、12月9日の選挙結果を覆すための共和党の提出を却下し、バイデンとトランプ大統領の間の票差は、自動再集計をトリガーするほど狭くはないと述べた。彼らは、正直な間違いや脱落は選挙の有効性を変えないと結論付けた判例法を引用しました。

カービィと彼女のGOPの同僚は、2つのことを推進していると述べました。1つは合衆国最高裁判所に訴訟を起こして、憲法に基づいて証拠を調べ、事件を判断できるようにすることです。そして、選挙人を無効にするか、トランプに選挙人を送るのに十分な票を得るために、アリゾナ州議会の特別会議を呼びかけました。

カーン氏は、米国で起こっていることは社会主義国の人々にはよく知られていると述べた。 「1回の選挙で彼らは絶壁を乗り越えた」と社会主義者は中国のような国で支配権を握った。

ソニー・ボレッリ上院議員は、人類が専制政治を行うことを意図していない為、専制政治を好む人はいないと述べた。アメリカ人は自由な人々であり、自由に生まれ、自由であり続けるべきです。

「皆さんアメリカの為に立ち上がりましょう。闘いましょう!」とカーンは言った。

この記事はジャックフィリップスが配信しました。



全般ランキング

この記事へのコメント