虎さんは予想よりも遥かに早く復帰を果たすだろう 

00000  スーパーマントランプ.jpg

【焦点速達】人物伝記の巨匠―コンラッド・ブラック氏が
英語版o大o紀o元oに文章を掲載:
弾o劾o裁o判により、トランプ対政治闘争は熾烈なクライマクスを迎える!

ニュース最前線 香港 2021/02/10




本記事は英語版大紀元コラムニストのコンラッド・ブラック氏によるものであり、元の記事”Impeachment Brings Trump’s Struggle With Political Class to intense Climax”は英語版大紀元時報にて掲載された。

彼は人物伝記の権威として最近では「ドナルド・トランプ:唯一無二の大統領」”Donald J. Trump: A President like No Other)を出版している。

今週、弾劾審判という茶番劇が国際政治の注目を集める事になる。これは民主党員が振り絞った悪意ある最後の一撃に違いない。

彼らは前大統領への憎しみに燃える以外、如何なる政治活動にも興味がそそられないかのようだ。

過去5年間民主党のトランプ氏への憎しみは政策や政治の場に反映されてきたが、民主党が政党手順、有効な証人も証拠も示さぬまま、弾劾を支持している一方で、207人の共和党員の中で弾劾に賛成したのは僅か10人に留まっている。

前大統領が議会に対し「平和心・愛国心ある行動を心掛け、如何なる暴力行為や政府を転覆するような暴動(反乱)を行わないよう集まった人々に呼び掛けた事が暴動を扇動したとして訴追李喩とされている。

この大規模で理不尽な茶番劇の中で上院議員たちは退任した人物を罷免するというデタラメを要求しているのだ。

前大統領は決して誰も臨んでいない様な行動を奨励してはいない。実際はゴロツキ共が警備の緩い議事堂を狙って、事前に企てた暴動を起こしたに過ぎない。

この裁判が実に面白いのは、何故か前大統領がこの裁判の勝訴を望んでいた弁護団を解雇したというところだ。

彼らはトランプ氏に対する訴追を覆す事が最終目標であって、選挙の不正操作が原因でトランプ氏が退任した事を主張するワケでは無かったようだ。

これこそが現代のアメリカ政治に於ける、真の主要な課題になる。即ち、民主党及び明確にトランプ氏を支持しない共和党員(圧倒的に共和党員はトランプ氏を支持)が選挙結果の正当性に真剣に疑問を持つことを受け入れられない為に行われた、政府体制全体に於いても重すぎる弾劾裁判であるということだ。

トランプ氏は選挙の夜に不意打ちを突かれた為、彼の法的挑戦は雑であり、やり過ぎもあった。

しかしペンシルバニア州で位置やにして現れた一辺倒で膨大な数の疑わしい投票数、ジョージア州前民主党知事候補のステイシー・エイブラムス氏が投票者の有権者認証の省略を認めたこと、組織的な不正の存在を証言した宣誓供述書による大量の証拠等々。

何れも未だに法的に取り残されている事実は決して揉み消せない。

一部の州の裁判所は訴え得お敢えて疎かにし、最高裁判所はこの問題を避け、結局訴えを退ける決定をした。

不正操作された選挙と言った認知の度が拡がりと、その影響の大きさに対し、全ての政治権勢派と反トランプ派である殆どのメディアが迷わずタッグを組み、選挙の公正さに対する調査を断固反対してきた。それは極めて危険である。

何故なら選挙の不正疑惑が徹底調査され裁定されれば、トランプ氏がジョージア州、ペンシルバニア州とウイスコンシン州で勝利するのに必要だった4万5千票もの有権者投票が新たに判明する可能性が高いからだ。

トランプ氏への訴追に於いて、大多数の共和党上院議員が無罪判決に投票するのは明らかである。

この機にトランプ氏の弁護により、彼の無罪を主張した共和党員が選挙結果の不誠実さにも同意を示せば真実を明るみに出すチャンスが掴める筈だ。

トランプ氏本人も、この様な運びとなる事を希望している様だが、多くの共和党上院議員は無罪判決に投票するものの、選挙結果の不信感を示すだけで選挙に不正があったとの公言は慎むだろう。

つまりトランプ氏は賭けに出ている。有罪判決が下れば、民主党によって彼の再出馬は禁止されてしまうからだ。

しかしその際に、有罪判決に投票した共和党員は、自らの政治生命に死刑判決を下す様な事になる。

議長のナンシーペロシらは怒りと憎しみとによる策略上の信念に目が眩んでいるが、トランプ氏を再び誹謗中傷すれば、バイデン政権を後押し出来ると信じているのか。はたまた単にトランプ虐めに嵌っているだけなのだろうか。

いずれにせよ、大統領選挙の投票が全て公平かつ公正に集計されたことへの不審を抹殺しようとする彼らの試みは結局失敗に終わるのではないだろうか。

仮にトランプ氏を有罪判決に出来たとしても、彼自身と大多数の共和党員の間に復讐心を募らせてしまえば、共和党の中期選挙及び時期大統領選挙に於ける勝利に有利に転じるだろう。

又、トランプ氏が今後候補者としての資格が奪われても、有効に候補者を指名することは可能だ。

現在全国の政治メディアは、総力を挙げて選挙結果の公正さを必死に肯定し、不審を示す者は例えそれが現職の上院議員であろうと、Twitterから締め出されたり、現職罷免の窮地に立たされたりしている。

その為、アメリカ全土での世論調査の結果では、メディアの信頼性が既に激しく侵食されており、今回の弾劾審判に関しては、尚、危機に瀕している事が明らかになっている。

国民には未だトランプ氏の流星の如き華麗なる凱旋を迎える心の準備がないようだが、彼は自身の支持者たちの予想よりも遥かに早く復帰を果たすだろう。

ペロシが問責決議を主張しているが、トランプ氏がおとなしくする限り、バイデン氏は自身の任期を継続するだろう。

しかし今週、ここ3週間ぶりに過去5年間と同じ様に、全米及び全世界の注目が再びドナルド・トランプ氏に集まるかもしれない。

トランプ対ワシントンの政治勢力との闘いは未だ終わっておらず、決然としてさらに熾烈なクライマックスに近づいている。

Opinion: Impeachment Brings Trump’s Struggle With Political Class
to Intense Climax

Conrad Black

February 1, 2021 Updated: February 2, 2021

Next week, the political center-stage will be occupied
by the ill-fated charade of the impeachment trial.
This must be the last gasp of the notorious Democratic inability
to focus for long on any political activity except hatred of the ex-president.

For five years, it has been their substitute for policy and for politics itself,
and it motivated the Democrats to jam through an impeachment vote
with no due process, no witnesses, or evidence,
with only 10 of 207 Republicans joining them.

The former president is charged with inciting an insurrection.
He urged “peaceful and patriotic” representations to the Congress,
no violence, and certainly no violent overthrow of the government
(which is what insurrection means).

It’s for this colossal, petulant farce
that the Senate is called to remove someone from an office
he doesn’t hold for an exhortation
he didn’t make to commit an act which no one intended,
even the professional hooligans
who premeditatedly led the assault on the scandalously under-defended Capitol.

Main Issue

The most interesting aspect of this case is
that the ex-president has apparently fired counsel
who wished to win the case just as formulated—not guilty as charged,
rather than also making the case that Trump was cheated out of his election.

This is the real, main issue of contemporary American politics:
The Democrats and all the Republicans who aren’t unambiguous Trump supporters
(clearly, a considerable majority of Republicans do support him),
can’t accept any serious question of the legitimacy of the election result.
That would be too great an impeachment of the system itself.

The facts that Trump was caught flat-footed on election night,
and that his legal challenge was helter-skelter and wildly oversold,
don’t erase the dubious lopsided vote drops in the middle of the night in Pennsylvania,
the infamous consent to the reduction of voter verifiability
conceded in the Stacey Abrams action in Georgia,
and a great weight of affidavit evidence of systematic fraud,
none of which was ever legally addressed.

The state courts were unrigorous in the several states
where they were tested, and the Supreme Court ducked the issue, abdicated.

The implications of conceding that
it was a rigged election have caused the entire political establishment
and almost all of the media (who were nearly unanimous in opposing Trump anyway)
to lock arms in support of the integrity of the election.

This is precarious, because it is quite likely that more than the 45,000 votes
that were required to flip to deliver Georgia, Pennsylvania, and Wisconsin
to Trump could have been found
if the post-election inquiries had been conducted and adjudicated thoroughly.
Even if Biden won the popular vote,
the winning candidate has lost the popular vote on six previous occasions, including 2016.

Winning, but Losing Popular Vote

Samuel Tilden was probably cheated of the election in 1876,
but he conceded to Rutherford Hayes
on conditions of withdrawal of remaining Union Army forces from the South,
the nomination of a Southerner to the cabinet,
and increased funding for reparation of war damage in the South.
Hayes fulfilled his promises.

Richard Nixon was quite possibly cheated in 1960,
but traditionalist patriotic American as he was,
he declined to immobilize the nation with a full election challenge,
despite President Eisenhower’s recommendation that he do so.

Hillary Clinton wasn’t cheated in 2016,
but responded to defeat with the egregious and corrupt actions of politicized intelligence
and FBI officials to an extent that remains to be clarified
by the Durham special counsel investigation.

The precedent for what seems to be developing is the election of 1824;
Andrew Jackson led in the popular vote but didn’t have a majority in the Electoral College,
and runner-up John Quincy Adams, and House Speaker Henry Clay,
who was the fourth candidate,
allegedly worked together to install Adams ahead of Jackson.
Jackson campaigned on what he called the “corrupt bargain” for four years
and was elected in 1828.

While Trump is no authority on that period of American history,
he is an admirer of Jackson. That’s the model he is following.

Moment of Truth

It’s clear that on the issue of Trump’s guilt or innocence of the charge
that has been leveled against him of inciting an insurrection,
the great majority of Republican senators will vote to acquit him.
If he pushes his defense to the point
where those who vote to acquit are deemed to agree
that the election result was a dishonest one,
it will be a moment of truth for the Republican Party.

In those circumstances, which Trump seems to wish to bring about,
I suspect that many Republican senators will vote to acquit,
but attempt to express something less than confidence in the election result,
without declaring that they believe it to have been fraudulent.

Trump is gambling, because if he is convicted,
the Democrats could then bar him from seeking public office again.
But in such a case, most of the Republicans who would have voted against him
would be signing their own political death warrants.

Speaker Nancy Pelosi and her claque may have been tempted into this initiative by pique,
hatred, or a tactical belief that smearing Trump
all over again made an improved launch for the Biden administration.
Or they may simply have become addicted to Trump-baiting.

But their attempt to asphyxiate any serious question
that the votes were fairly and justly counted in the presidential election will have failed.
If Trump is, in fact, convicted,
it will fill him and the majority of Republicans with a spirit of terrible vengeance
that will be more easily translated into victory in midterm voting and the next presidential election.

If Trump is barred as a candidate, he will effectively choose the nominee.

Intense Climax

Ironically, such a development would deliver the otherwise implausible concept
that a large number of Republicans have effectively endorsed:
Trumpism without Trump.

The congressional and state elections ratified Trump’s policies,
even as the presidential election popular vote was won by those
who oppose Trump personally, dislike his personality,
or simply required an abatement of the strain and drama of the Trump era.

Because the national political media are committed
to affirmation of the fairness of the election result
and those who question it are thrown off Twitter
and threatened with motions to remove them from their present employment
—including incumbent U.S. senators—the media’s credibility,
which all polls indicate is severely eroded, also is at stake in this impeachment case.

The public appears to be completely unprepared for
the sudden meteoric return of Trump drama
at its most spectacular and absorbing.
The former president will be back sooner than anyone, even his greatest supporters,
and certainly, his many detractors could have imagined.

If Pelosi had just let Trump leave quietly,
even with a censure vote if she insisted,
Biden would be able to get on with his term.

As it is, next week, as in all but two weeks in the last five years,
the attention of the nation and the world will be on Donald Trump.

His struggle with the Washington political class is not only far from over;
it is determinedly approaching an intense climax.


Conrad Black has been one of Canada’s most prominent financiers for 40 years, and was one of the leading newspaper publishers in the world. He’s the author of authoritative biographies of Franklin D. Roosevelt and Richard Nixon, and, most recently, “Donald J. Trump: A President Like No Other,” which has been republished in updated form.



【第99弾】トランプを取り巻く現状について




本日は令和3年2月11日 木曜日建国記念日であります。只今の収録時間は午前10時30分でございます。今日のテーマはトランプを取り巻く現状についてです。
(石川さんのジプシー生活に関するコメント等は省略させて頂きます)

さて、今、トランプを取り巻く環境の中で色んな情報が多岐にわたってありますが、混沌としていて、すごく分かりづらいというご指摘があるワケでございます。

こうした中、このサイモン・パーク氏が現在の状況を物語る分かり易いメッセージを出されました。今日は、このメッセージを皆様にご紹介させて頂きます。

私は執務中のバイデンの後ろの壁に隙間が空いている写真を動画に載せました。その後、トランプが、秘密の扉を開けるジョークの動画を挙げました。

それらはワーナーブラザーズのキャッスルロック・スタジオで撮影されていたのです。

覚えていますか?トランプ大統領は世界中を周り、人々に会い、大きな集会を開き、人々と会う事を恐れませんでした。それがトランプのやり方でした。

バイデンは完全に違います。バイデンはエアフォースワンで何処かに行く事は出来ません。彼らがした事は、民間航空機を手配して、エアフォースワンの様にペイントしました。

何故なら軍は、本物を彼に使わせる事は出来ないからです。バイデンはアメリカ国内を動き廻る事は出来ません。軍は彼に敬意を表してはいません。

今のバイデンには、撮影に協力してくれるハリウッドの俳優たちが居ます。バイデンはスタジオで彼らに電話を掛けているだけです。

アメリカについての大きな疑問は何かが起きるのはいつなのかという事であります。20年後、50年後、百年後、5百年後の歴史の本の中に、トランプ大統領は、民主的に選ばれた大統領を取り除く為に軍事クーデターを起こした大統領だと書いて欲しくないのです。

これから幾つかの不正選挙についての裁判があり、その内の1つの大きい裁判が来週開かれます。トランプチームは大量の良い証拠を持っています。

世間で噂になっている素晴らしい2時間の不正行為の動画は法廷で証拠として認められるモノです。

既に1つの司法裁判所の判事がドミニオンの集計マシーンに不正があったと認めました。

米軍は裁判所から何らかの結論を得ない限り、バイデンとその関係者を取り除く事に幸福を感じません。裁判所からの判決を得れば、米軍はクーデターを起こした事にはなりません。

私たちは共和国を救ったのです。裁判所により行動を起こしたという事になるのです。

自由がある民主主義国家では、司法は独立した機関であり、そこでも最終的に国の法律を統治するからです。それは最高裁迄行かないといけないという意味ではありません。裁判所でなされた明確な決断がなければならないという意味です。

Amazonのトップが早期リタイアした様に、他の悪い事をした人たちも、同様にする事が出来るでしょう。

今、上院議員や、下院議員らが逮捕されています。しかし最終目標は、大統領に選出された筈の男、副大統領に選出された筈の女性です。

裁判所は十分な理由を与える事が出来る迄、待つ事が重要です。私には回復の兆しが見えます。

地方裁判所やその上の裁判所では、民主主義が勝ちつつあります。彼らはドミニオン集計マシーンは、詐欺の為に作られたと言っています。

今のバイデンは壊れかけのポンコツの様です。私は早く壊れて欲しいですが、私たちはもう少し辛抱しなくてはイケマセン。


以上、サイモン・パーク氏のメッセージでありました。



政治ランキング



全般ランキング

この記事へのコメント