虎さん早く表舞台に戻って来て、米国が抱える危険な兆候を摘み取って!

00000  C〇Pの手口米に蔓延.jpg

今回のHarano Timesさんの新着動画を拝見すると、
アメリカのC〇P化が本当に進んでしまったと感じてしまう。

昨日のブログでもご登場頂いた、
トランプ大統領の弁護士聞いたヴァン・ダー・ヴィーンさんが
マイクを投げつけた気持ちが本当に分かる気がする。

でも、これは日本も本当に他人事ではない。
森元総理の発言の一部を取り上げて、
どれだけヒツコク叩きまくるのかと…
もう、どこまで、日本人もひん曲がってしまったのかと悲しくなってしまう。

スパイ工作とプロパガンダの得意なC〇Pはどれだけ世界を毒するのだろうか。

既にハッキリと見えているのだから、
C〇Pの危険なシグナルを完全に食い止めなければならないだろう。

今日は、Harano Timesさんの気になる解説と共に、
石川新一朗さんの所に届いたワシントンからのメッセージをお届けします!

CBSのインタビュー、
レフトがアメリカ社会に与えたダメージから見える危険なシグナル

Harano Times 2021/02/17




皆さん、こんにちは。トランプ大統領の弾劾の件が無罪判定で終わりました。今回の弾劾が終わった後に、トランプ大統領の為に働いていた弁護士ヴァン・ダー・ヴィーンさんが一気に有名になりました。

皆さんも既に他の情報源で聞いたと思いますが、弾劾が終わった後に、ヴァン・ダー・ヴィーンさんがCBSのインタビューを受けて、CBSの司会者ザックさんが左翼が出した偽造の証拠は大した事ではない…的な話をヴァン・ダー・ヴィーンさんにしていたんですね。

彼女が証拠に使われていたTwitterの日付を変更したり、Twitterの認証マークを後付けにしたり、又は、トランプ大統領が有罪と証明したそのビデオを意図的に編集した事は大した事ではないというニュアンスで話をしました。

この話を聞いたヴァン・ダー・ヴィーンさんがかなり怒りました。ヴァン・ダー・ヴィーンさんがその司会者に対して、「これは十分大きな問題で、メディアはどちらかの立場に立つのではなくて、公正に報道すべき。でも、メディアは、今この国を分断しようとしている。証拠を偽造する事は大した事ではないというニュアンスで話をしている。私たちは、もっと多くの偽造の証拠を見つけたので、いつか公開されて欲しいです」と司会者に言いました。

又、このヴァン・ダー・ヴィーンさんが記者に対して、「彼らは証拠を偽造した。それがバレた後に、謝りも説明も無かった。それは検察官や政府の職員がやるべき事ではない。メディアは彼らがやっている事を見逃してはいけない」と怒って、最後はマイクを捨てて、その場から離れました。

今回の弾劾の中で、ヴァン・ダー・ヴィーン弁護士のチームは、3回も民主党が使っていた偽造の証拠を指摘しましたが、民主党の弾劾担当者が1回も反対意見を言わなかった様です。

普通は自分が出した証拠が偽造だと言われた時に、直ぐにやらないといけない事は反論する事ですね。何故なら、証拠が偽造の証拠だったら、その話が進まないです。先ずは自分が出した証拠は偽造のモノではないとシッカリ反論しないとイケナイです。

でも、民主党側は指摘を受けても、反論をしなかったという事は、彼等もその証拠は偽造された証拠である事をよく知っていて、反論しても意味がないと思っているんですね。ある意味、自分たちが偽造の証拠を使っている事を認めている事になります。

普通は裁判で偽造の証拠物を使った時に、その裁判自体が成り立たないので、その侭、裁判が終わってしまう事もありますし、もっと厳しく言えば、偽造の証拠を使った事もある意味犯罪行為になります。

しかし、彼らは偽造の証拠物を使うし、指摘されても、全く反省する意志が無いので、恥を全く感じていないです。

ではCBSの司会者が証拠を偽造しても問題無いというニュアンスで話が出来たのは、彼女1人の問題かと言うと、そうではありません。もし、その社会の一般的な道徳の基準が高い場合は、勿論、この様なメディア関係者の人も自分の職業の道徳基準を守る事が出来ると思います。

しかし、彼女はアメリカの人の前で、堂々と、偽造した証拠は大した事ではないというニュアンスで話が出来たのも、彼女はその様な事を言っても、誰からも指摘を受けないという感覚があるからです。

場合によって、自分は正しい事をやっている、正義を守っていると思っているかもしれません。彼女が全く恥を感じず、その様な話が出来たのは、アメリカの国会でアメリカ人を代表する57名の議員が、トランプ大統領が有罪と思っているからです。

嘗て一般国民を代表する議員としてプライドを持って働いていた議員たちが、トランプ大統領の件では、全ての道徳感情を捨てて、全く証拠を見ずに、ただ単に、トランプ大統領をおろす為に、大した調査もせず、偽造の証拠を使って、弾劾に臨みました。

トランプ大統領の弁護士が弾劾の投票が行われる前に、左翼が使っている証拠は偽造されたモノですとハッキリ指摘したにも拘らず、民主党の50名の議員、誰一人も自分の意見を変えなかったんです。

逆に、共和党の二人の議員が弾劾討論が終わった後に、トランプ大統領が有罪と思ったんですね。

という事は、彼等にとって、証拠なんてどうでもいいです。事実なんてどうでもいいです。彼らの目標はただ1つ。トランプ大統領を2度と政治に関わらない様にする為です。

アメリカの国会でこの様な道徳観のない事が起きたなら、CBSの1人の若い記者が証拠を偽造する事は、どうでも良いというニュアンスで話が出来たのも、オカシイ事ではないです。

この若い司会者の話を見てて分かるのは、アメリカには彼女の様な人がまだまだ沢山います。

彼らは国会に居る、自分が尊敬している国会議員を真似て、トランプ大統領を非難しているし、彼らはアメリカの主流メディアを信じて、トランプ大統領を非難しています。

多くのトランプ大統領が嫌いなアメリカの国民は、今回の弾劾は、トランプ大統領に罪があるから行われているものではなく、単純に、アメリカの左翼勢力が行っている魔女狩りである事を全く認識していないです。

その様な人が多ければ多い程、アメリカを元のアメリカに戻す事はかなり難しい事になります。

彼女のその話を聞いていて、真実を拡散する事の重要性を改めて感じました。

今回の大統領選挙と弾劾が終わった後に、この弾劾で起きた事について、ある記事では、今回の弾劾とC〇Pのやり方と比較した後に、3つのとても危険なシグナルを指摘していますので、その3つのシグナルを皆さんに紹介したいと思います。

1つ目の危険なシグナルは、2020年のアメリカ大統領選挙でアメリカの各地方政府から連邦政府の選挙委員会が行ったあからさまな歪んだ選挙と今回、証拠を完全に無視して、行われた弾劾から分かるのは、今、左翼勢力が反トランプをアメリカの最も大きなポリコレとして作り上げようとしています。

これは左翼勢力が今迄やってきた反トランプのロジックを変える事になります。そのロジックをどう変えるかと言うと、今迄はポリコレを守る為に、トランプ大統領に反対してきましたが、今はトランプ大統領に反対する事が、ポリコレを守る事になってきています。

トランプ大統領に反対すれば、それはポリコレを守る事になっているんですね。この事はとても危険なシグナルと見做されています。

これは共産主義国家でよくある、自分の政敵を粛清する為にレッテルを貼る事と同じ事になります。

自分の政敵が罪を犯したという事を勝手に決めれば、彼にどんな手段を使って反対しても問題無いです。場合によって、違法な手段を使って自分の政敵を倒そうとしても、彼に罪を犯したというレッテルを貼っているので、その手段すら合法と見做される事もあります。

共産主義国家では、特にC〇Pがコントロールしている中国では、特定の人やグループに対して、徹底的に叩き潰す事が今迄何回も起きてきました。

それは中国全国で、その特定の人、又はグループに反対する事が最大のポリコレである、その雰囲気が先ず作りだされたからです。

その反対活動が権力者の意向と合っていればどんな事をしても、それが合法な事であると見做されてしまいます。

今回、アメリカの国会からCBSの記者迄、力を合わせてトランプ大統領を批判しているその集団意識から、アメリカの左翼勢力が集団的に正しい信念を捨てて、集団的にキョーネツしている(?)、その危険なシグナルが出ています。

2つ目の危険なシグナルは、バイデンがアメリカの大統領になった後に、自分はアメリカを団結させると何回も言ってきましたが、でも、左翼勢力がトランプ大統領とトランプ大統領の支持者を徹底的に叩き潰そうとしています。

例えば沢山のトランプ大統領のビジネスパートナーがトランプ大統領を切り離したり、銀行がトランプ大統領にローンを出さなかったりしているし、トランプ大統領の為に弁護を行った弁護士が脅迫や嫌がらせを受けています。

バイデンはアメリカの、又はこの世界の最大の敵であるC〇Pを敵ではなくて、競争相手として見なしているし、又、機会があれば、協力する可能性があるとも話しています。

でも、アメリカの元大統領に対して、協力するどころか、少しでも関係を改善しようとしていないですね。

共産主義の1つの特徴としては、権力を獲得する為に、自分の陣営の人との闘いは外の敵との闘いよりも遥かに強烈的なモノになりがちです。

今回の弾劾の本質は、将来自分の権力を無くさない為に、今、自分の政敵を仕留める為のアクションです。

もし、この様な事が継続して、又、更に酷くなっていけば、2020年に共和党が上下両院の多数席を獲得する事も難しくなってしまいます。

何故なら、民主党は次の選挙でも、違法な手段を使って、もう1回選挙で勝利する事を狙っていきます。これは2つ目の危険なシグナルになります。

3つ目の危険なシグナルとしては、「文字の獄」と「ダブルスタンダード」です。皆さんがご存知の様に、この「文字の獄」というのは、中国の古代から、自分の政敵を粛清する目的で使われている、とても歴史の長いやり方になります。

この文字の獄は、今、アメリカで使われています。トランプ大統領が国会の前のスピーチで「最後迄闘う」という言い方をしたんですね。この「闘う」という言い方は、アメリカの議院たちが、選挙や他のスピーチの中で、とても一般的に使う言い方になります。

テッドクルーズさんは、アメリカの上院のほぼ全ての議員は、闘うという言い方を使った事があると言っています。同じ「闘う」というこの単語を、左翼勢力が使う時は、それは民主主義を守る為、正義を護る為の言い方になりますが、トランプ大統領が使うと、逆に民主主義を破壊する、反民主主義な言い方になってしまうんですね。

今回の件から、アメリカの左翼勢力がこの文字の獄を使い始めているのが分かります。この民主という単語を革命という単語に帰れば、今のアメリカでは、過去のC〇Pがやっているのと同じ事が起きているのが分かります。

反民主というこの言い方は、左翼がいつでも使えるので、過去のC〇Pが内部を粛清した時に使っていた反革命の考え方と同じになります。

ペロシは「共和党はアメリカの国内の敵」と明言しています。彼女の言い方から分かるのは、今、左翼勢力が狙っているのは、トランプ大統領だけではなくて、その範囲は既に、全共和党に拡大されています。

民主党が使っているダブルスタンダードは、この世の中の左翼が一番よく使っているやり方になっているんですね。

このダブルスタンダードについて、今とても話題になっている話は、カリフォルニア州州知事をリコールする件です。今、カリフォルニア州州知事をリコールする為に、ボトムラインになっている150万人の署名を集める事が出来ました。

この150万人の署名を厳しくチェックすべきとリクエストをしています。
2020年のアメリカ大統領選挙で、カリフォルニア州の投票の不合格率0.6%になっていて、かなり低いです

皆さんも覚えていると思いますが、2020年のアメリカ大統領選挙で民主党は郵便投票の署名を確認する事に反対をしていました。

でも今回の、その投票の対象がトランプ大統領から、自分たちの人になった時に、カリフォルニア州の州知事が厳しく署名を確認する事を思い出したんですね。

このダブルスタンダードのやり方はC〇Pが中国国内と海外でやっているダブルスタンダードと同じ事になります。

この3つの危険なシグナルを見て、今回のアメリカ大統領選挙で起きた問題とC〇Pがやっている事との比較がとてもよく出来ていると思いましたので、皆さんに紹介しました。

2月15日はアメリカの大統領の日です。トランプ大統領が大統領の日に久しぶりに顔を出しました。彼の車が通った道で、数百人の国民が道路の両側に立って、トランプ大統領を歓迎しました。

又、彼らは、トランプ大統領をサポートするボード等を持って「私たちは貴方が勝った事を知っている」と大声で言った人が沢山居ました。そのシーンを見て、左翼勢力がここ迄頑張ってトランプ大統領の名誉を破壊しようとしてきましたが、それでもシッカリと事実を見ている人は、トランプ大統領を今迄サポートするスタンスを変えていないですね。

逆に、ホワイトハウスに座っているバイデンと彼をサポートしている左翼勢力が、自分が権力を失う日が来る事を毎日怯えていて、1日でも早く、トランプ大統領をやっつけたいと考えているんですね。

この状況を見ると、今のアメリカの政治がどれ位歪んでいるかが分かります。アメリカのこの歪んだ政治がこの侭進んでいくと、世界の沢山の国が影響を受ける事になります。

勿論、日本もそうです。だから、今、アメリカで起きている事、この世の中で起きている事を正しく皆さんに伝える事の重要性を改めて感じました。事実が隠されてしまうと、悪を止める事が出来なくなってしまいます。

これからも、この様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回お会いしましょう。

と…ここで、トランプ大統領が大統領にカムバックする奇策をあの戦略家スティーブ・バノン氏が披露されたそうで、てつやチャンネルのてつやさんの動画でご覧下さい。

トラ下院議長?! 梅弾劾へ? 仰天の奇策とは・・

2021/02/17




そしてお待たせしました。石川新一朗さんの
【第103弾】2/3以来の重要なワシントンメッセージです




本日は令和3年2月16日 火曜日。只今の収録時間は20時45分でございます。今日のテーマは2/3以来の重要なワシントンメッセージです。

たった今、重要メッセージが届きましたので、早速皆様にご紹介をさせて頂きます。

石川様、冬も終わりに近づき、春が近くに感じる時期になりました。地上は草木が冬の間に貯えた活力で、芽を出す時期となり、動物たちは元気に活動出来る時期がやってくると同時に、我々人間も、本来の自分自身に立ち返れる時がやってきました。

2月3日以来となりますが、今回も短い内容ですが、今、地上で起きている、大切なお話をさせて頂きます。

先ず、先日の福島で起きた地震の件ですが、あれは人工的なモノでした。海岸線近くの10キロの震源地としての大地震はもう起きませんが、少し皆様は驚いたと思います。

閃光が走った場合は、人工由来ですが、今回も3回走りましたので、ディープステートが我々の作戦に対して、起こしてしまった事です。

予告されていましたし、大きくはならないと思いましたが、想像より少し大きかったので、お伝えします。

日本に於ける、ディープステートの後始末は、2月4日迄にほぼほぼ終了しました。今回はそれに対する抵抗でした。

次にワクチンの件です。我々関係者は今出来ているCOVIT-19用のワクチンは使いません。このワクチンにはナノテクノロジーが混入されていて、窃取する事により、ディープステートのマインドコントロール下に入り、自分自身の自我や意識を欠落させます。

世界中の政府関係者は、メディアを使い、情報操作しながら、記憶をコントロールし、今、起きている事が本当かどうかの判断を自由自在にコントロール出来る様にします。

勿論、ワクチンを打つ、打たないは個人の自由な判断になります。全ては個々人の自由意思ですが、このウィルスは本当にメディアや政府関係者が伝える程危険なモノなのでしょうか?

インフルエンザの昨年の統計や死者の数と比べてみて下さい。更に、このウィルスは、我々西洋人をターゲットに作られていて、あなた方東洋人と白人の死亡率の違いは明らかです。

メディアや政府は人類が自由意思を持ち、それを取り戻そうとする事に目覚める事を恐れています。

このウィルスは、アメリカの大統領選を自分たちの思い通りにする為の戦略で作られました。

現在、ある種族が、このウィルスを無害化する為に、彼らの科学で操作し始めてくれています。このウィルスは体に入った時に、それぞれの因子がバラバラになって活動し、身体の中で悪さをしますが、それらと繋がっている手が取れずに、無害化する方法を彼らの科学力で操作する様にしてくれました。

それらは少し時間が掛かりますが、徐々に地球上に無害化されたウィルスが増えていっている段階です。

そろそろ医学的に次の様な、その様な無害化ウィルスを摘出したニュースが入って来ると思います。

ワクチンを使うか使わないかは、何度もお伝えしますが、個人の自由ですので、それぞれの考え方で決め手下さい。

次に、マザーアースに関してお伝えします。地球そのものである母なる大地の意識は昨年復活しました。

長い間、意識をクローズさせられていましたが、我々の動きと連動して、意識が復活しました。

彼女の体である地上を浄化させる動きが始まっています。それはどの様な事が起きているかと言いますと、地軸を反転させる動きに入っています。

それにより、自らを浄化させる作用を生み出す為に、2023年迄に地上の人類の為に、ゆったりとした動きをしてくれますが、その後どの様な動きになるか分かりません。

彼女がどう動くか、大いなる意志は全て任せています。これも地上の次元上昇にとって必要な事です。

次に、前回、多くの有益な特許が解放されるとお伝えしました。それはゲサラ、ネサラの一環として、順次解放されます。

再度お伝えしますが、地上の人類がそれらの有益なモノを善としてのみ使用出来る精神性を身につけなければ、夫々が解放されないモノもあります。

先ず放射能や重金属等で汚染された地上をキレイにする事は最も必要な事なので、直ぐにそれらの技術は解放されていきます。

現在の医療制度や医師たちとの兼ね合いもあり、十年以上解放されない特許もあります。但し、人類全体が5次元にアセンションが早まれば、それらは早く解放されるでしょう。

すべては自分たちの意識や自分自身の精神性を早く高められるかにかかっています。

その為、ゲサラを行います。お金の支配から、早く解放され、自分自身の本来の存在を理解する為に、善の富の分配が行われます。

生活する為に働くのではなく、地上に生まれた本来の意味を再発見する為に、お金から解放されるのです。

ただ、お金が好きな人は、もっと働けば、稼げば良いのです。生活する必要な富は本来人類は皆平等に、生まれた時から持っています。人間として生まれた本来の意味を思い出して下さい。

皆、何処から来たのでしょうか?何故、地球に今、生まれたのでしょうか?この転換期を目の当たりにしたくて、体験したくて、地上のこの時代を選んで生まれました。

皆、この時代に、地球上に足で立ち、自分の意思で動く為に、ここにやって来たのです。誰かに依存して、待つだけの為や、不平不満をただ云う為に生きているのではなく、自分自身もその転換期に喜んで参加する為に来たのです。

思い出して下さい。自分自身はかけがえのない、唯一無二な存在であり、光そのものである事。この地上が愛と光と平和に包まれる時期が目の前に訪れました。

デクラスがもう少しで発表されます。昨年の11月から地球上の精神性はデクラスを行っても良いというサインが出ています。

なるべく多くの人類が一緒に新しい時代に行きたいと思い、あらゆる事が行われました。

中国もいよいよ、共産国としての国家を放棄する事が約束されました。少し時間が掛かりましたが、一緒に次の時代に行く仲間が増えてきた事を此処にお伝えします。

大きなウネリはマスメディアには残念ながら未だ何も出ません。デクラスにより、多くの機密解除が行われます。

ケネディ以降から、トランプ大統領迄の変遷、今迄の金融システムの中で一部のファミリーだけが巨額な富を得てきた事。

今回の大統領選で行われてきた不正とそれらは、どの様な海外の国が関わったのか、全て明らかになります。

そして量子コンピューターによる全ての金融システムが稼働します。この金融システムに使われている技術は地球上のみのテクノロジーではありません。彼等との関わりも近い内に発表されます。

皆様は、あまり驚かないかもしれませんが、多くの方々は、本来の歴史を知った時、驚きと恐怖に身動きがとれなくなるでしょう。

何ヶ月もの間に、今迄に無かった事が次々と起こります。その時に大きな存在として、これを聞いてくれている皆様が居ます。

この大いなる神の意志で行われている事は、誰にも止められませんし、止まりません。安心して下さい。先ず、近い内に行われます。

話を聞いてくれて、ありがとうございます。

以上、重要なワシントンメッセージでございました。

と、いった所で、一旦ブログをアップしたんですが、その後、カナダ人ニュースさんの面白い動画を見つけてしまいました。是非、シェアしたいと思いますので、ここに貼り付けます。虎さんがマコちゃんにブチ切れたお話です。


カナダ人ニュース 2021/02/17


Statement by Donald J.Trump,
45th President of the United States of America






政治ランキング


全般ランキング

この記事へのコメント