虎さん演説3つの重点 by Harano Timesさん

00000 kiss on flag tora-san.jpg


動画のタイトルにも有ります様に、本当に久しぶりに
Harano Timesさんのお話を聞く事が出来ました。
やっぱり、独自の視点をお持ちです。

今回の演説は何が違うのか?演説の三つの重要ポイント
(お久しぶりです!)

Harano Times 2021/03/02




皆さん、こんにちは。ご無沙汰しております。
最近、色々忙しくて、あんまり動画の更新が出来ませんでした。
2月から継続している忙しい時期が終わりに向っていますので、
そろそろ昔と同じ様に、毎日動画が更新出来る様になります。

又、その時に、何故、この時期が忙しかったかについて、
皆さんにも説明出来ればと思います。

この期間中に皆さんに紹介したかった沢山のニュースがありますが、
それについては、又、どっかで機会があった時に、
皆さんに説明したいと思います。

今日は、
昨日から1番注目されているトランプ大統領のCPACでの演説について
話したいと思います。

今回、トランプ大統領がCPACで行った演説は、トランプ大統領が1月20日、
ホワイトハウスから離れた後、彼が初めて行った演説になります。

ですので、彼がCPACに出席する、又、演説を行う事が決まった後に、
この演説がズッと注目されてきました。

トランプ大統領は演説の最初に、会場の皆さんに対して、
私に会いたかったんですか?とスピーチを始めました。

彼のその言葉を聞いて、現場に居た人たちが、全員歓声を上げていました。

又、トランプ大統領の演説をライブ配信しているチャンネルのコメント欄も
かなり賑わっていました。

では、私が見た、トランプ大統領のスピーチの見どころは何処かについて、
皆さんに紹介します。l

今回のスピーチから分かるのは、
トランプ大統領がかなり高い確率で
2024年のアメリカ大統領選挙に参加する事になりました。

トランプ大統領は確かにスピーチの中で、
自分が2024年のアメリカ大統領選挙に参加すると明言していませんが、
彼はスピーチの中で、「民主党に3回勝つかもしれません」と言っていました。

2016年、2020年、又、これからの2024年に民主党に勝つと言った事になります。

又、トランプ大統領はホワイトハウスに戻ると発言をしていました。
これからホワイトハウスに戻れる共和党の元大統領の中で、
トランプ大統領しか居ないんですね。

例えばブッシュ元大統領は、既に2回も大統領になっていますので、
ホワイトハウスに戻れる資格は無いですし、他の大統領はもう無理ですので、
ホワイトハウスに戻れるのは、トランプ大統領しか居ないんです。

このスピーチの後に、テキサス州の司法長官が、
これはトランプ大統領が2024年にアメリカの大統領選挙に参加する事を示すと
話をしています。

勿論、トランプ大統領が2024年に自分と同じ理念を持つ
大統領の候補者をサポートするという手もありますが、
今の所、トランプ大統領の話から感じ取れるのは、
彼が2024年の大統領選挙に参加したい気持ちはあります。

ここで、トランプ大統領が2024年と明言していいないので、
彼が2024年ではなくて、もっと早く、
アメリカの大統領になる事を言っていると思っている方もいらっしゃると思います。

勿論、その様な事があれば、非常に嬉しいんですが、今のところ、それについて、
確証がとれる証拠は無いので、ここでは2024年とお話をしていきます。

トランプ大統領が今回のスピーチの中で、重点的に伝えたポイントが3つあったと思います。

先ず、トランプ大統領は、自分は新しい政党を立ち上げない事を明言して、これから共和党と立て直す事に注力する事にしました。

トランプ大統領は、今回の弾劾でトランプ大統領に有罪として認定した十数名の共和党議員を名指しで批判しました。

これは、トランプ大統領が彼らに対しての警告になります。トランプ大統領がこの様に警告をすると、彼等が共和党議員として、これからの議員の選挙で負けてしまう可能性が高いです。

これはトランプ大統領が今やっている共和党を立て直す為の対策で、共和党の中に居る、民主党を支持している党員を共和党から追い出す為の事になります。

トランプ大統領は自分のサポートが共和党の党員にとって、どれ位大事かについて話をして、自分の共和党の中での影響力が大きい事を示唆しました。

トランプ大統領の支持があったからこそ、アメリカの国会議員の席がとれた共和党議員が沢山居るので、自分が2020年の大統領選挙で負けた筈が無いと話をしました。

又、2022年の中間選挙で国会の上下両院の多数の席を獲るのを明言しました。

次にとても重要なポイントとしては、トランプ大統領はアメリカの選挙システムを改革する必要がある事を明言しました。私のチャンネルでも、もう何回も話をしていますし、皆さんのコメントでもよくある話ですと、今のアメリカの選挙システムを改革しなければ、これから共和党が政権を取り戻す可能性は非常に低いです。

トランプ大統領は共和党に今一番必要なのは、直ぐにでも公平性のある、透明性のある安全性がある選挙システムを創り出す事である事を話しました。

又、2020年のアメリカ大統領選挙は恥であって、アメリカの地方裁判所から最高裁判所迄、仕事をしていなかった事についても怒っていました。

トランプ大統領のこの話から見ると、これから、州レベルでアメリカの選挙法を修正していく事に力を入れていく可能性が高いです。

何故なら、アメリカの選挙権は州の権利になりますので、州レベルでの議会が動いて、各州の選挙法を修正していかなければ、これからも左翼勢力が、今存在する穴あきを利用して、2024年の大統領選挙でも勝利する事を狙っていく可能性が高いです。

又、2020年のアメリカ大統領選挙で、歪んだ選挙があったと言われている州の中の大半は共和党が州議会の多数席を占めていますので、これから、それらの州の州議会で選挙法に対して修正をしていく事が最優先事項になる可能性が高いです。

又、この前、何回か皆さんに説明した事がある通り、トランプ大統領は他の州知事を支持する事によって、選挙の公平性を保とうとしていますので、これから、州レベルでの活動を強化していく可能性が高いのではないかと思います。

このチャンネルでは、皆さんに説明する機会が無かったんですが、民主党が多数席を占めている国会下院では、HR1という選挙法に関わる提案が出ていまして、その案は下院で必ず通過します。

この案はアメリカの選挙法を更に無法地帯にしてしまう提案です。もし、又、機会があれば、その内容についても、皆さんに説明したいんですが、トランプ大統領は上院でこの法案を通してはいけないと呼び掛けていました。

もし、トランプ大統領が此処で呼び掛けたなら、上院で通過する可能性は低いです。何故なら、トランプ大統領がこのスピーチで、名指しで共和党を裏切った人を指摘したので、もし、トランプ大統領がここで呼び掛けた後、この選挙の公平性を無くしてしまう法案を支持する共和党議員が出た場合は、彼等に対しても、トランプ大統領は批判していくし、彼らがこれから自分の将来を無くしてしまう事になります。

又、共和党議員もよく知っている筈ですが、この様な法案が通ってしまえば、自分たちがこれから、永遠にアメリカの野党になってしまいます。

トランプ大統領が話している大事なポイントになる3つ目としては、アメリカの保守派が自分の声を国民に伝える事が出来るプラットフォームが必要である事を明言しました。

トランプ大統領がTwitterやFacebookから離れた後に、自分の声を直接アメリカの国民に伝える機会が減ってしまいました。

でも、これからアメリカを変えていく為に、アメリカの保守派の力をもっともっと多くの国民に伝えないといけないです。トランプ大統領は言論の自由は公平な選挙の基礎になる。しかし左翼勢力は保守派の声を封じ込めようとしている。

だから今のビックテックを分解して、競争をもたらす事が必要であると明言しました。

又、トランプ大統領は具体的に自分がこれからどんな事をしていくかについて話をしていないのですが、保守派には自分のプラットフォームが必要である事を言いました。

又、各州の言論の自由を護る為に、行動を早くおこすべきと話をしました。皆さんはもう既にご存知だと思いますが、フロリダ州やテキサス州では、言論の自由を護る為に、法律を作ろうとしています。

この様な言論の自由を護る為に沢山の州が立ち上げれば、今、私たちが益々無くしてしまっている言論の自由を少しでも守る事が出来ます。

以上の3つが、トランプ大統領が今回のスピーチの中で言っている重要なポイントだと思います。

では、トランプ大統領のこのスピーチを全体的に観るとどうだったかと言うと、多分、このスピーチは、トランプ大統領が今迄やってきたスピーチの中でも、かなりの出来が良いスピーチだと思います。

何故なら、今回のスピーチは、今迄のトランプ大統領のスピーチと違っていまして、かなり整備された内容で話をしています。

今迄のトランプ大統領のスピーチを聞くと、自由でその場で考えた事を言ったりする事がかなり多かったんですね。

普通に考えると2020年のアメリカ大統領選挙が終わった後に、トランプ大統領が暫く、自分が思っている事をアピール出来る機会があんまり無かったです。

今回はトランプ大統領にとって、とても良い機会でしたし、その場に居る人も保守派の人がメインですので、今迄のトランプ大統領の性格から考えると、そこでトランプ大統領が、アメリカ大統領選挙が始まってから今迄の、自分が受けた事に対して、文句を言い続けてもおかしくなかったです。

でも、今回のスピーチが違いました。トランプ大統領は今回のスピーチを自分が文句を言う、自分の感情をぶつける場にせずに、自分の理念を正しく伝えるとても重要なチャンスとして捉えています。

それと同時に、アメリカの保守派、又は世界中の保守派がトランプ大統領のこのスピーチを通して、トランプ大統領が今、何を考えているのか、これから何をするかを教えたいと思っていたんですね。

今回のスピーチは、このスピーチを期待している人にとっては、良い回答になったのではないかと思います。

トランプ大統領は、このスピーチの最初から、バイデン政権がホワイトハウスに入った後に、やってきた杜撰な経済、教育、外交等の政策について批判をしました。

自分がこの4年間でやってきた政策とバイデンのこの1ヶ月で実施し始めた政策を比較して、人々に直観的に今回のバイデン政権がどれ位アメリカを破壊しているかを伝えました。

実際、彼が2020年の選挙であった歪みについて話をし始めたのは、彼がスピーチをし始めて、1時間位たった後です。又、その歪みについて話をした時も、自分が受けた不平等の対応と、自分の不満について話をしたのではなくて、その時の事実を言った後に、これからどうすべきかをハッキリ話をしています。

多くの方がこのポイントを見て、以外に思ったと思います。何故なら、トランプ大統領は、大統領選挙の期間中で、大統領選挙の歪みについてズッと話をしていました。1月6日の国会の前でのスピーチでも、同じ事を言っていました。

でも、今回は違います。トランプ大統領は、今回のスピーチを自分が文句を言うスピーチではなくて、将来に向けて2024年の大統領選挙に向けての宣言になっています。

自分の心の中に溜まっている不満を飲み込んで、今の問題を解決する為に、どうしていけば良いかに焦点を当てたスピーチになりました。

現職の大統領の政策を批判した後に、今迄はどうだったか、これからは、どうすべきかを明確にしている事は、これは明らかに大統領候補者が言うタイプのスピーチになっています。

トランプ大統領は、今迄自分が受けた全ての事を一旦受け入れて、将来に向けて歩き出した事をアピールしたと思います。

私たちの様な、2020年の大統領選挙でどんな事が起きたかについて、最初から見ている人なら、勿論、トランプ大統領をズッと応援していくんですが、2020年の大統領選挙で何があったかをよく知らない人から見ると、トランプ大統領が永遠にその時の話で止まってしまうと、彼の話から、将来性が見えなくなってしまう人も多く居る筈です。

確かにトランプ大統領が将来を見て歩き出したというと、では、2020年の問題はその侭放置してしまうのかと不満に思う方もいらっしゃると思います。

その気持ちはよく分かります。ただ、これからどうしていくか。何処に向って歩き出すべきかを考えなければ、永遠に問題の解決が出来なくなってしまいますので、このトランプ大統領のスピーチから将来性を知りたい人から見て、今回のスピーチはとても良い回答になっていると思います。

暫く、今のバイデン政権の無理矢理が継続する可能性が高いです。過去の動画でも、皆さんに話した事がありますが、保守派の人は忍耐性が強いです。

だから、彼らは最初から直ぐに立ち上がる事をあんまりしないんです。でも、たった1ヶ月で、バイデンの政策がどれ位アメリカの価値観を破壊しているか、アメリカの一般国民のライフスタイルを破壊しているか、アメリカの経済を破壊しているかが見えてきましたので、アメリカの今迄、声を挙げて来なかった保守派の一般国民たちが、これから動き出す可能性が益々高くなってきました。

それに、今、覚醒し始めている共和党がしっかりリードしていけば、まだまだ、真エリカを元のアメリカに戻す可能性があると思います。

勿論、歪んだ方法を使って、選挙を取った左翼勢力は、簡単に自分が盗み取った成果を相手に渡す事は無いと思います。

これからの2022年の中間選挙も、2024年の大統領選挙も、2020年の大統領選挙よりも激しい闘いになるのは間違い無いです。

これからもこの様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回、お会いしましょう。

※このお話の中に出て来る民主党が出した法案「HR1」がどれだけ酷い法案かという事を張陽さんが詳しくお話されていますので、その動画を貼り付けます。
(6:45辺りから、そのHR1の解説が始まります。公平な選挙を終結させる法案であり、選挙の不正に便宜を図る最悪の法案)
トランプ元大統領初登場〜CPAC大会の見どころ④【第122回】

張陽チャンネル2 2021/03/02



【CPAC】トラさん演説「共和党は団結し、より強固になる」

カナダ人ニュース 2021/03/01



CPAC大盛況! トラ演説内容は??

てつやチャンネル 2021/03/02




政治ランキング



全般ランキング

この記事へのコメント