虎さんオキーフ氏とプロジェクト・ヴェリタスを支持!

00000 虎さんヴェリタス支持.jpg
張陽さんの動画でタイトルが気になって、拝見すると虎さんが2期目に向けて邁進している様子が分かって、とても嬉しくなりました。又、ここのところ注目してますプロジェクト・ヴェリタスのCNNの実態暴露も張陽節で語られると、又、更に興味を掻き立てられて…結局、動画2本、文字起こしをしてしまいました。最後に、そのプロジェクト・ヴェリタスの元々の動画も3本ご覧になれる様に、リンクを貼り付けてあります。

トランプの新内閣?【第149回】

張陽チャンネル2021/04/16



ハイ皆さん、こんにちは。張陽です。

昨日、真相プロジェクトはですね、CNNのトランプさんを陥れる動画をネットにアップした後にですね、大きな反響を呼んだんです。

今日もですね、オキーフさんはもう1つの動画をアップしたんですね。CNNの新型コロナを報道する方針を明らかにしたんです。

オキーフさんはですね、新型コロナに対して我々ずっとね、疑っていたんですけれども、証拠が無かったんです。

今回はCNNがその証拠を提供してくれたと。まぁ、動画の中にですね、チェスター氏…昨日の人ですね…盗撮された人ですね。こう言ったんです。

「悪いニュースは往々にして視聴率を上げる事なないんです。もし人々にある事に対する情熱をずっと持たせるならば、視聴率を上げる事が出来ます」と言ったんですね。

まぁ、確かにね、地震とか洪水とか交通事故があったらですね、皆一時的に関心を持ちますよね。ずっと関心を持つワケはないです。

で、チェスターがこの悪いニュースを如何に利用して視聴率を上げるのかを教えてくれたんです。

又、これらの悪いニュースをですね、もっと悪く報道して、国民が怖くなって、CNNの悪いニュースの報道に注目せざるを得ないと言ったんですね。

チェスターはこう言ったんですね。「相次いだ悪いニュースはですね、視聴者に悪い影響を与えています。まぁ、人々はね、見たくないでしょう。でもね、観衆らと直接に関連する悪いニュースはですね、視聴率を上げる事ができます。

例えば、Covid19ですね。Covid19は視聴率を上げる有力な材料となっていますね。これは何故、CNNの画面にはズッとCovid19の死亡者数を出している原因です。」と。

実はですね、「私が死亡者数に問題があると思います。何故、死亡者数がまだ高くないんですか。もし死亡者数がもっと高ければ、我々の観点はより合理的に聞こえるようになります。」と本人は言ったんです。

本人(チェスターさん)の意味は、死亡者数の計算の仕方には不満を現しているワケですね。つまり彼はですね死亡者数の上昇を期待しているワケです。

これはCNNに働く人間の心理状態です。変態ですよね。視聴率を上げる為に、より多くの人に死んで欲しいというワケです。

続いてですね、彼は、
「この時、特種な赤い電話が鳴ったんですね。電話に出ますと、電話の向こうからCNNの責任者のザッカー氏がですね、お前たちの作ったモノはつまらないです。私には全然興味が湧いてこないです。早く数字を出しなさい。これは最も気を引くモノです。だからCovidの数字を出しなさい。」と言ったんです。

ザッカー氏の言ったこの数字はですね、感染者数なのか死亡者数なのか分かりませんが、新型コロナの死亡者数を毎日報道するのはですね、CNNの日課となっています。目的は恐怖を煽る事で、国民は恐怖に陥ったら、もうCNNの報道を離れる事が出来ない。

続いてですね、報道の公正性に関してですね、チェスターは、偏見のないニュースはないんです。公正な報道は、もう存在しないです。如何なるCNNの記者も実際にやっているのは、インタビューを受ける人に言うべき事を教えているワケです。

インタビューされる人は口を開ける前に、CNNの記者がですね、彼等を、まぁ、CNNの行きたい方向へリードしているという」と言ったんです。

更に、CNNが如何にインタビューを受ける人を選ぶのかについて、チェスターはですね、「インタビューをされる殆どの人はですね、彼等の過去の行動と言論からですね、大体この人はどの様な人間なのか分かりますよ。だから我々がチョッとヒントを与えますと、彼等は直ぐに餌を食べに来るんですよ」と言ったんです。

つまりね、CNNにインタビューされる人はですね、皆事前にCNNに分析されたワケです。まぁ、CNNがチョッと餌を与えますと、これらの人は直ぐにそれを飲み込むんですね。だからCNNの言いたい観点を言うのです

恰もCNNが客観的な報道をしている様に見えますが、実は全然違います。皆、インタビューされた人に観点というよりもですね、まぁ、皆CNNの観点ですね。

これが真相プロジェクトが盗撮したモノです。昨日、オキーフさんが新たに公開したんです。これは中共のやり方と全く同じですね。だから今回のアメリカ大統領選挙でですね、アメリカ左派と左派マスコミのやり方は中共とよく似ているというところからですね、何となく、これらの左派はですね、中共からトレーニングを受けているのではないかと思われますよ。

中国大陸ではですね、もしインタビューされた人の観点が、中共の観点と食い違いがありましたら、この報道は絶対放送される事はないです。

まぁ、CNNはそうなっているかどうか分かりませんけれども、恐らくそうなっていると思うんですよ。

イースター後に、トランプさんのMAGA運動は様々な動きを見せています。
4月7日にアメリカファースト法律気候を成立したんですね。

4月13日にトランプさんの盟友とトランプ政府の元閣僚たちはですねNPO組織の「アメリカファースト政策研究所」(AFPI)を成立しました。
00001 「アメリカファースト政策研究所」(AFPI)を成立.jpg

トランプさんのポピュリズムを広める事を目的とする機構でありますね。

Axiosの報道によりますと、この研究所は初年度の予算は2千万ドルです。
トランプさんのフロリダ州に設置した機構以外に、この機構はトランプさんの最大の外部組織となっています。略称はAFPIです。

AFPIは去年12月から準備し始めたんです。この研究所の本部は、今、バージニア州のアーリントンに設置されています。まぁ、近い内に、ワシントンDCの国会の近くにあるオフィスビルまで引っ越しする予定です。

まぁ、将来のね、保守主義の中心として活動すると思われるんです。イヴァンカとクシュナーはですね、この研究所の顧問となっています。

研究所のCEOはBrooke Rollinsさんですね。彼女は嘗て、トランプ内閣の国内政策委員会の主席を担当していたんです。彼女はこの機構が「冒険者とアメリカドリームを持つ人を抱擁すると言ったんですね。

Rollinsさんはですね、先週、トランプさんに会って、この計画について議論したと。彼女は「来年、この機構の予算を4千万ドル迄増やしていく」と言ったんです。

この機構の理事長はLinda MacMahon氏ですね。トランプさんの元閣僚で元アメリカ中小企業管理局の局長だった人んですね。又、この機構の副主席はLarry Kudlowさんですね。彼はトランプ政権の元ホワイトハウス経済顧問であります。

この機構の研究はですね、20個の領域に及び、アメリカ国内政策を主要課題としています。この機構の下に、エネルギー独立センター、国家安全保障センター、アメリカ価値観センター、法律と正義センター、教育機会センター等の部門が設置されていますね。

各センターの責任者はトランプさんの盟友です。有りは、元閣僚です。例えば、元エネルギー長官のRick Perryさんと元情報長官の(John)Ratcliffeさん、元副大統領ペンスの国家安全顧問で今ね、退役したんですけれども陸軍中将の(Keith)Kelloggさんですね。と、トランプさんの精神顧問の(Paula)Whiteさん。皆、この機構のメンバーです。

だからこの構成員のリストを見れば、トランプ内閣そのものではないかと思われますね。CEOのRollinsさんによりますと、過去4年間、政策の制定は今迄の政治スタイルとパターンを完全に変えました。

ワシントンのエリート層とマスコミにとってベストな事よりもですね、国民にとってベストは事を考えなければならないんです。

これからね、アメリカファースト政策研究所のやることはですね、アメリカ国民に権利を戻して、これらの有効な政策を継続する事です。

これからやる事の全てはですね、我々の国民、我々の製造業、我々のブルーカラーの労働者、我々の農民たち、我々の家庭、母親と子供たちに基づくモノです。彼等の事を永遠に第一に考えなければいけないです。

これはMAGA運動の真の主張です。我々はこの国の魂を救っているとコメントしなんです。

トランプさんも13日に声明を出して、AFPIに対して全力の指示をすると表明しました。「AFPIの皆さんを支持する事はですね、トランプ内閣の歴史的な業績をキープするだけではなくて、未来のアメリカファーストの運動を推し進める事にもなります。彼等と一緒に、アメリカを救うという事を期待しています」と言ったんですね。

この機構はですね、ワシントンDCに引越した後にですね、間違いなく、バイデン政府に大きな圧力をもたらす事になるでしょう。

トランプさんにはですね、大きな計画がある様な気がします。先週成立したアメリカファースト法律機構はですね、バイデン政府の打ち出したアメリカラスト政策に対抗する為に作ったモノですよね。

今回のAFPIの成立はですね、トランプさんの新内閣がアメリカファーストを実現する為のモノであります。だからこれから最優先課題は何であるかを議論しながら、これらの課題を如何に解決するのかについて対策をね、考えていくワケです。

トランプさん自身にはですね、あまり強い党派の概念はないので、彼がやろうとするのは、全てのアメリカ人をアメリカファーストのスローガンの下で団結する事ですね。だからもしかしてトランプさんはアメリカの将来の政治生態を変えていく事になるかもしれませんね。

もう、共和党と民主党の争いという政治生態ではなくなりですね、アメリカファーストなので、共和党、民主党問わずですね、貴方はアメリカファーストを支持するならば、あなたはですね、トランプさんを支持する事になります。

アメリカファーストに反対するアメリカ人が居るワケはないでしょう。で、民主党と共和党の争いよりもですね、全てのアメリカ人はアメリカファーストに向けて努力するという新しい政治生態が表れてくるかもしれませんね。

まぁ、反対するのは、ただの社会主義者だけになるかもしれません。だから今回のAFPIの成立の目的はですね、もう2024年のアメリカ大統領選の為に作ったというよりも、2024年後のトランプ政権の2期目の内閣が発足した後に、具体的な政策を実施する為に、作ったモノではないかと考えられますね。

ハイ、今日の話はこの辺に致します。又、次回、お会いしましょう。


ペンス 心臓手術を受けた【第150回】

張陽チャンネル2021/04/17



ハイ皆さん、こんにちは。張陽です。真相プロジェクトのオキーフさんがですね、第3弾を発表したんです。第3弾の動画にですね、アジア系の人が差別された事についてチェスター氏はですね、「アジア系の人を襲撃するのは殆ど黒人ですね。調査したら黒人には不利なので、でも、CNNはBLMを支持しています」と言ったんですね。

つまりCNNがBLM運動を支持しているので、黒人には不利なニュースを一切報道しないというワケです。

00002 オキーフ氏アカウント削除.jpg

で、この動画はTwitterに削除されたんです。何故ならば真相プロジェクトのアカウントも削除させられたからと。真相プロジェクト創始者のオキーフさんの個人のアカウントは永遠に削除されたからです。

オキーフはですね、暴露したのはCNNのスキャンダルですよね。Twitterと何の関係もないじゃないですか。なんでTwitterはオキーフさんと真相プロジェクトのアカウントを削除するのか?

4月15日にTwitterがオキーフさんのアカウントを削除した後に、彼に1つのメールを送ったんですね。削除の理由を述べたんです。理由は「オキーフさんは偽のアカウントを使ったから」という事です。

Twitterでは1人で数個のアカウントを使っても大丈夫です。もしね、偽のアカウントを使ってね、他人を脅迫したり、他人に迷惑を掛けたりするならば、Twitterはこのアカウントを削除する事が出来ると解釈したワケです。

これはTwitterが彼に対する誹謗中傷であるとオキーフさんはフォックスニュースのインタビューの際に言ったんです。

まぁ、Twitterの理由からですね、オキーフのアカウントはCNNに対して脅迫となっているから彼のアカウントを永遠に削除した事が分かったんです。

まぁ、これは明らかに誹謗中傷ですよね。オキーフさんは来週月曜日にTwitterを告訴すると言ったんです。

トランプさんの長男のジュニア・トランプさんはですね、Twitterに「もし左派たちが如何にね、協力し合っているのかを知らないならば、今、教えますよ。CNNの役目は虚言を作る事です。で、TwitterはCNNを守る役目を果たしている」と投稿したんですね。

つまりCNNが虚言を作って、もし誰かがCNNの虚言を暴き出したなら、Twitterがこの人のアカウントを直ぐに削除すると。

だからねぇ、1つの政権と1つのマスコミのの合法性はですね、疑われた際に、往々にして、言論の自由は制限される事になりますね。トランプさんの言った通りにアメリカには言論の自由はないです。

Facebookも同じ事をやっています。フォックスニュースは昨日、
00003 FacebookはNPの報道を削除.jpg

ニューヨークポストのBLM運動の創始者であるCullors氏への報道をですね、Facebookは検閲しているという報道をしたんですね。ニューヨークポストの報道に依りますとね。BLM運動の創始者のCullors氏はですね、白人の居住区域に320万ドルを使って4つの物件を買ったと。

で、この事を報道されてからBLMのニューヨークの責任者のNewsome氏は彼女に対して調査を行うべきだとコメントしたんですね。

どうもこれからBLM内部では内紛が起きそうな感じはしますね。Breitbartニュースの報道に依りますとBLMがズッとねアメリカ黒人運動を推進する事を通してですね、金と寄付を受け取っています。

Cullors氏の4つの物件のうちの1つはジョージア州にあるですね、Cullors氏の様な過激化している左派人物はですね、ジョージア州をボイコットするべきではないでしょうか?

だってこの間、ジョージア州には新しい選挙法が可決したじゃないですか。だからこれからの選挙システムと投票システムはですね、民主党に不利となるから、だからジョージア州をボイコットするべきではないでしょうか?

何故ジョージア州で物件を購入するのでしょうか?又、Cullors氏はですね、ロサンジェルスにある白人の高級住宅地区に140万ドルを払って、高級物件を購入したと。この住宅区の白人の比率はですね、何と93%となっていますよ。

オカシイですよね。白人に差別されたからBLM運動を起こしたじゃないですか。何故巨額の金を払って、白人の密集する区域に高級物件を購入するのですか?何故、白人の隣人になりたいのですか?ワケ分からないですね。

で、Cullors氏本人はですね、「私は訓練を受けた事のあるマルクス主義者だ」と自称しているんですよ。マルクス主義者なので、無産階級じゃないですか。何故、これ程の大金を持っているのですか?

BLM運動に参与する人はですね、いつも言っている事とやっている事と矛盾していますよね。

じゃあ、次のニュースを見てみます。フォックスニュースは4月15日にアメリカ下院司法委員会の主席ね、民主党の人です…は、1つの法案を提出したんです。

最高裁の判事の数を拡充するという法案です。彼の提案によりますとね、更に4人の判事を拡充すると。今ね9名の判事が居ますよね。更に4人を拡充する。13名となるワケです。

現在9名の判事の内、6名は保守派で3名はリベラル派と言われていますが、今回のアメリカ大統領選から分かる様に、6名の保守派の中、バリバリ保守理念を持つのは2人だけですね。アリート判事とトーマス判事です。

で、他の4名の保守派の判事はですね、保守派の名だけを持っていますが、投票する際に、いつもリベラル派と一緒にいるワケです。

で、去年12月のテキサス州の提出した訴訟案からこれらのね、最高判事の立場は明らかになったワケ。今民主党には有利な状況にあるにも関わらずですね、民主党は更に4名のリベラル派の判事をですね、最高裁に入れようとしているワケ。

で、今迄の最高裁判事の投票結果を見ますとですね、保守派の判事はいつもというか、時々というか、まぁ、リベラル派と同じ立場にいるワケです。でも、リベラル派は絶対保守派と一緒にいる事はないですね。たまにというケースさえも無いです。だからこの意味では、リベラル派はより団結しているワケです。

民主党のこの提案は非常に赤裸々ですね。名義上でもリベラル派が7対6で優勢をキープしたいという…まぁ、これはどういう意味かと言いますと、リベラル派は名義上の保守派の判事らに対しても警戒していると考えられますね。

投票する時ですね、4名の保守派の判事は時々、リベラル派と一緒に居て、投票していますが、もし将来ですね、ある判決に対して、リベラル派と一緒の立場を持たなかったら、リベラル派にとっては非常に困るじゃないですか。

だから今の民主党が政権を握っている内に、まぁ、人数上の優勢を保ちたいという気持ちが分からない事はないですね。

ただですね、今回の提案には付属提案もあるんです。それは黒人への賠償法案なんですね。だから黒人は嘗て苛められた事があるから、今、アメリカ国民がですね、黒人に賠償すべきであると提案したワケです。

まぁ、最初の提案では1人の黒人に対して賠償金なんと35万ドルだそうです。つまりね、昔ね、黒人が奴隷になった事があったから、現在は、黒人以外の人は、皆黒人の奴隷になるべきだという主張をするワケです。

エー左派のやり方は非常に赤裸々ですよね。もしね、最高裁判事を拡充する法案が可決しましたら、この付属法案もですね、一緒に可決する事になるワケです。

ペロシもこの法案を支持しないと表明したんです。これはまぁ、意外ですね。THE HILLの報道によりますと、ペロシは民主党の主導の法案を下院に投票を持ち込む計画はないと。

バイデンの意見に沿うべきだと言ったんですね。バイデンはこの前に1つの委員会を成立したんです。最高裁判事の拡充を検討する為に成立した委員会です。ペロシはこの委員会検討の結果を見てからですね、自分の意見を出すというワケです。

最高裁判事を拡充する事はですね、アメリカの司法を政治家する事ですよね。昨日お話したんですけれども、民主党はマスコミを民主党の道具にしていうrんですよね。今度アメリカ司法システムをもですね、道具にしようとしているワケです。

ハイ、次のニュースです。ペンスのオフィスはですね、15日に1つの声明を出したんです。ペンスは14日に心臓手術を受けました。まぁ、心臓にはですね、ペースメーカーを装着したんですね。

ペンスはですね、2016年大統領選の時にですね、無症状の心臓疾患の兆候があったと。今年のイースター後にペンスは心拍数が低下した為ですね、ペースメーカーの装着という措置が行われた。

ペンスの1月6日の不作為でアメリカが現在危険な状態、分裂した状態に置かれる事になったワケです。

だからペンスはこの責任を逃れないですね。今回はこれは報いであるかどうか知りませんが、もしペンスが敬虔なクリスチャンであるならば、この事を悟るべきではないでしょうか?まぁ、ペンス次第ですけど。

ハイ、今日の話はこの辺に致します。又、次回、お会いしましょう。

という所で、いやいや話は分かった、現物を見てみたいという方の為に、今回のCNN暴露シリーズを1~3迄ご覧いただきます!

CNN暴露シリーズ1


CNN暴露シリーズ2


CNN暴露シリーズ3



政治ランキング


全般ランキング



この記事へのコメント