歪を暴けぇ~アリゾナ州マリコパ郡の快進撃に虎さんもバックアップ声明!

00000  選挙審査ライブカメラ.jpg
アリゾナ州がD党の全力阻止があったにもかかわらず、
投票結果の再審査を開始、
これが良いスタートになるのか?
トランプ大統領が出現することと
同じぐらい大事なことは何か?

Harano Times 2021/04/25



皆さん、こんにちは。4月23日からアリゾナ州マリコパ郡の投票結果の再審査が正式に始まりました。既に皆さんは、他のチャンネルでもこの話を聞いていると思いますが、この事はアメリカのこれからの選挙に大きな影響を与える可能性がありますので、やはりこのチャンネルでも皆さんに紹介出来れば良いなと思います。

この再審査の件について、民主党と共和党の間で法律の面で色々やりあった結果、やっとこの投票結果の再審査が始まりました。

具体的に言うと、4月の23日の午後から、この審査が正式に始まったんですね。この審査の件について、トランプ大統領も正式なアナウンスメントを発表しました。

今日はこのアリゾナ州マリコパ郡の投票結果の再審査について皆さんに紹介します。

今日の話を始める前に、ご自身のチャンネルと登録状況を、又、通知をONにしている方は、通知がONになっているかの確認もお願いします。では、今日の話を始めます。

アリゾナ州は今回のアメリカ大統領選挙で、不正疑惑があると言われている幾つかの州の中の1つになります。アリゾナ州州議会の上院・下院、両方とも共和党が多数席を占めています。

アリゾナ州の選挙結果についてかなりの疑問があったから、今年の1月にアリゾナ州の州議会がマリコパ郡の行政庁に召喚状を出しました。

その召喚状でアリゾナ州はマリコパ郡に対して、マリコパ郡の2020年の選挙の結果について司法レベルで審査を行うように命令を出しました。

しかしマリコパ郡はその命令に従わず、マリコパ郡とアリゾナ州はこの事について裁判をしました。当時、民主党が裁判官にこの召喚状が無効である事を認定して、又、この命令に従わなくても良いと判断をする様に依頼を出しました。

この裁判についてマリコパ郡の裁判官がアリゾナ州の州議会がこの様な召喚状を出す権限がある。これは憲法がアリゾナ州の州議会に与えた選挙の結果を監督する権利であって、アリゾナ州が投票用紙、又は、投票機械等について審査を行う事が出来ると判断をしました。

タイムラインでみると、

1月にアリゾナ州の州議会がマリコパ郡の投票の結果について再審査をする事を決めまして、2月にこの裁判の結果が出ました。

この裁判の結果が出た後に、アリゾナ州の州議会の議員たちが、急いで審査の準備を始めました。

例えば、この様な審査をする資格がある会社を探したり、この審査の流れやルールを作ったりする事を始めました。これらの準備に1ヶ月位掛かりまして、3月の18日にアリゾナ州の州議会が、彼等はマリコパ郡の全ての投票用紙を審査する。

又、投票機、投票用紙の集計機に対して審査を行う事を発表しました。それと同時に投票機械が実際に外部からアクセスが出来るかどうか等についても確認すると発表しました。

又、その2百万以上の投票用紙を1ヶ所に集める過程の中で、投票用紙の絶対的な安全を守る事、審査の過程は完全にオープンで共和党と民主党の両方がその審査を監督する事も発表しました。

審査が終わりましたら、詳細なレポートを公開すると言いました。このレポートが出るまではだいたい60日間位かかると言われています。

アリゾナ州が発表した内容を見れば分かりますが、彼等は今回の審査の為に、真面目に準備をしてきました。3月31日にアリゾナ州の議会が今回の審査を行う4つの審査の会社のリストを公開しました。

フロリダ州の1つの会社がリードして、残りの3つの会社が一緒に審査を行う事が決まりました。会社によって、分担している業務も違います。

投票用紙の審査を行う会社もありますし、投票機の審査を行う会社もあります。この審査が上手くいけば、6月後半位にこの審査の結果が公開されます。

何故、今回の審査がとても重要かと言うと、皆さんもご存知の様に、もし今回の審査で何か問題が見つかった場合は、自然と他の不正疑惑のある州の投票結果を再審査する話も出て来ます。

だから民主党は、今回の審査を全力で阻止しようとしました。このチャンネルを見ている方なら、分かると思いますが、民主党が今回の選挙が終わった後に今回で使った手段の有効的なモノを出来るだけ法律として固めようとしています。

例えば郵便投票、IDの確認禁止、国籍の確認禁止等の手段ですね。これは普通の認知能力のある、責任感のある国民から見て、どうみてもオカシイ事なんですが、彼等はHR法案によって、これらの方法を固めようとしています。

一方で、共和党は今回の選挙で損をしました。だから共和党側も出来るだけ、この状況を挽回する様に対策をしています。

今の最新の状況ですと、アメリカの50の州の中の47個の州が選挙の安全性を守る為に、選挙のルールを厳しくする様に動き出しています。

勿論、共和党がこの様な努力をしている事に対して、民主党も全力で反対しようとしているんですね。この前、ジョージア州の法律の修正に対して、民主党、
又は左翼が反対運動をしているのも、その1つになります。

話をアリゾナ州の審査の件に戻しますと、民主党は今回の審査を止める為に、4月22日に、マリコパ郡の裁判所にマリコパ郡で行う予定の審査に対して、緊急停止令を出す様に依頼を出しました。

民主党の理由は何かというと、有権者登録の情報は秘密情報である。民間企業と彼等の従業員は有権者登録に入っている個人情報を見る権利がないという理由ですね。

では、この有権者登録の情報の中に、どんなモノが入っているかというと、有権者の誕生日、サイン、出生国等の情報が入っています。この情報を見てはいけないと言われると、審査しようがないです。

そのサインの資格をしなければ、本当に投票したのは、その本人かどうかの確認が出来ないです。出生国を見ないと、その人がアメリカの国籍を持っているかどうかの確認も難しくなります。

誕生日を見ないと、その人は今、まだ生きているかどうかの確認も難しくなるんですね。もし、これらの情報の確認も出来なければ、今回の審査もただの形上での審査になって、終わる事になります。

又、民主党の人の理由としては、今回の審査に参加する民間企業の従業員は署名があっているかの確認をする為の訓練を受けた事がないので、署名の確認が出来ないという理由を言っていました。これもオカシナ話です。

署名と署名を見て比較すれば、その差異が分かりますので、1つの会社で働いている従業員がそれ位の事も出来ない筈がないです。

民主党は16歳の人が投票しても良いと言って、16歳の子供にこの国の将来を決める投票権を与えようと言っているのに、チャンと会社で働いている人が、署名が合っているかどうかを確認する能力がないと言っているんですね。

アリゾナ州上院の共和党籍のリーダーが「民主党は未だにマリコパ郡の選挙の結果に対する審査を全力で阻止しようとしている。彼等はアリゾナ州の州議会を見下している。彼等は一体何を隠したいんでしょうか?」と発言をしました。

彼は「今集まっている全ての投票用紙は24時間セキュリティ担当の保護下にある。又、投票の審査を行う現場の状況は24時間ライブで公開されている。」と言いました。ですので、誰かがそこで変な事をする事が出来ないですね。

4月の22日に民主党がマリコパ郡の裁判所に禁止令の依頼を出した後、4月23日の午前中に裁判官がその審査に対する禁止令を出しました。裁判官はその審査を止めて、4月の26日にもう1回公聴会を開いた後に、この審査を続けるかを決めると決めたんですね。

でも、同じく4月の23日の午後に急にこの審査を継続する事になりました。何故、裁判官が出したこの判断が急に変わって審査が再開する事になったのかというと、共和党はこの禁止令に対して、今回の審査を止める、又は延期するとなると、今迄共和党が払っている会社との契約費用や投票用紙の運送費等の全ての費用は民主党が払うべきだから民主党に百万ドル、日本円で言うと1億円位のデポジットを払う必要があると言いました。

でも、民主党はそのデポジットを払う事を拒否しました。だからこの審査が継続して始める事になったんですね。

民主党をサポートしている左翼の中では、お金持ちの人が沢山居ます。だから百万ドルを払ってくれる会社、又は個人がかなり居る筈です。でも、何故、彼等はこのお金を払わない事を決めたかというと、裁判官が今回の審査を決めた理由は、裁判官は今回の審査の流れを、もう1回チェックして、その流れの中で、有権者の情報が外に漏れる可能性があるかどうかを確認する事が今回の審査を止めたメインの目的です。

もし、その流れに問題が無いという事が分かれば、この審査を継続する事になります。だから、共和党が既にその流れをシッカリと作っていたので、裁判官が確認しても直ぐに審査が再開される事になりますので、民主党がその百万ドルを払う必要がないと判断したんですね。
00001 虎さんアリゾナを絶賛.jpg

00002 虎さんアリゾナを絶賛2.jpg

この審査が継続する事が決まった後に、トランプ大統領も正式なコメントを発表しました。その発表の内容から分かったのは、最初、アリゾナ州がこの審査を始める事を決めた後に、民主党が現地に73名の弁護士を派遣して、この審査を止める様にした様です。

又、トランプ大統領は今回の審査に対する期待についても話をしました。今回、この件について紹介した理由としては、今回の司法審査は、アメリカの大統領選挙が終わってから行われている初めての正式な司法審査になりますので、とても重要な意味があります。

他の不正をした疑惑のある州でも、同じ様な審査が行われる可能性が出て来ます。勿論、この審査で何も問題を見つける事が出来なかったら、左翼のメディアは、この件を大きく報道して、今回の大統領選挙に全く問題が無かったと大きく宣伝する事が出来るんですね。

ですので、結果が出るまでは、未だ何とも言えないんですが、でも、この様な動きがある事自体がとても重要です。真実こそが、人々を説得する最も有力なモノになります。

お互いズッと口喧嘩をしているより、1回、シッカリした審査を行って、その結果を公表した方が1番有効だと思います。

確かに、今、アメリカの極左勢力がメディアを利用して、大きな声をあげていますが、でも、アメリカの国民の中で、彼等を本当に心の中からサポートしている人が、そこまで多くないです。

アメリカの50の州の47の州が選挙のルールを厳しくする様にルールを変更している事からも分かります。

共和党の人が今回、確かに大統領選挙で損をしました。でも、今も共和党をサポートしているアメリカの国民が沢山いるからこそ、共和党の人がコツコツ努力をしているんですね。

アメリカの大統領選挙が終わった後に、私は覚醒という動画を挙げた事があります。その動画の中でも皆さんに伝えましたが、アメリカの多くの国民は、今の状況を知る事が出来ました。

だから彼らは自分の生活を守る為に行動をしていきます。確かに私たちはトランプ大統領の様な英雄がもう1回アメリカの大統領になって、全ての悪行を止めて欲しいと思っていますが、でも、それと同じ位重要、又は、もっと重要なのは、全社会が同じ様な認識を持って、特に保守派の人たちが力を合わせて行動する必要があります。

勿論、このアリゾナ州の審査が、この侭、最後まで順調に行くとは考え辛いので、もし何か重要な事が起きたら、又、皆さんに報告します。

これからも、この様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回、お会いしましょう。


※HaranoTimesさんの以前の動画「覚醒」の文字起こしはこちらです。
虎さんの怒りはおさまりません。
00003 勇敢なアリゾナ兵士に万全のセキュリティを.jpg

【NEW!!】第45代トランプ大統領、アリゾナ監査保護に州兵要請の声明/「知事は監査を守るために直ちに警備の州兵を派遣すべきだ!」/真実を明らかにする必要がある

黒森美音王さんのご見解もどうぞ
クラ---ケン対73人の弁護士【D機器監査を止められるか?】

アマチュアYoutuber黒森美音王 2021/04/24



おっと、動きがあった模様ですね。確かに興味深いです。アリゾナ州の監査会場での興味深い動き【何かが判明?】
アマチュアYoutuber黒森美音王 2021/04/25




政治ランキング


全般ランキング



この記事へのコメント