一人っ子政策が家庭の幸福の為❓理屈と膏薬はどこにでもつく。不幸の始まりとなった駄策

0000000000 一人っ子政策.jpg

「国家の富強と家庭の幸福の為にあなたも計画生育を実行してください」と記した看板
Wikipediaより


C〇Pが血迷って作った政策の裏でこんな不幸な事件が起きていたとは…。

C○Pが40年で4億回やったことは何か?
最強戦士が北京で無差別○戮をし、
国際事件になったことの背後にあった悪魔の制度

Harano Times 2021/04/26



皆さん、こんにちは。中国の政治の中心地、北京に「警衛第三師」という部隊があります。ここでいう師というのは、陸軍の作戦単位の師団の師ですね。

では、この警衛第三師というのは誰の警備をしているかというと、当時、毛沢東が中国全国から警備を担当する軍団を集めた時に、当時の最も優秀な部隊を選んで出来た最高権力者の警備を行う部隊です。

この警衛第三師はC〇Pの歴史上の文革大革命や天安門事件等の中国上層部の権力闘争で大きな影響力を発揮してきました。

C〇Pの上層部の権力闘争の中で、この衛従軍中央警備局をコントロール出来る人が権力闘争で大きなアドバンテージを得るといっても過言ではないです。

中国では金軍とも言われています。この金軍と言われている北京にある警衛第三師で、1994年に大変大きな問題が起きた事があります。

当時の警衛第三師に田明建(ティエン・ミンチエン)という副中隊長が居ました。彼は中国河南省の農村出身で17歳の時から中国人民解放軍に入隊しました。

新兵の訓練が終わった後、実銃の射撃テストで、彼は百発百中のかなり優秀な成績を収めました。

彼の能力がかなり高くて、軍の中でかなり重視される様になって、中国の河北省にある陸軍士官学校に送られました。

彼がその学校を卒業した後、先程皆さんに紹介しました北京にある警衛第三師に入って、副中隊長になりました。当時、中国の軍隊で、メインにロシアのAK48という自動銃を国産化した81式自動銃を使っていました。

彼はその銃をかなり巧く扱う事が出来て、実践の時に、片手で弾倉を変える方法を兵士たちに教えて、中国軍の中でも普遍的に使われる様になりました。

このやり方は後で皆さんに紹介する事件を切欠に、海外で見られる事になって、海外の兵士たちもそれを真似る様になったんですね。

彼はなかり実践を重視するタイプの兵士で当時は最も優秀な兵士と言われ、未だに彼をスーパー兵士という人も居ます。

彼の様な農村出身の一般兵士が部隊で重視され、この警衛第三師の副中隊長になれたという事は、この侭いくと、素晴らしい将来が彼を待っている事になります。

彼の奥さんが未だ地元に居ますので、もし、彼が、その侭順調に昇進していくと、普通に家族を北京に連れてきて、一緒に暮らす事も可能でした。

当時、彼には一人の女の子の子供が居て、彼はもう1人の子供、出来れば男の子が欲しかった様です。

当時の中国の農村地帯…勿論今もそうですが…男の子が欲しいというのは、かなり一般的です。1994年の国慶節が近づいたところで、中国軍の中で更に規律を厳しくチェックする為に、上の組織のリーダーが下の組織に入って、視察を始めました。

当時、連帯のリーダーがテンさんの部隊に視察に行きました。中国軍で兵士又は自分の部下の手紙を確認する方法で、彼等の状況を確認するやり方もありました。

その連帯のリーダーがたまたま、テンさんの手紙を開いて彼の大変な問題を発見しました。

どんな大変な問題が分かったかというと、テンさんの農村に居る奥さんが妊娠して、もう既に妊娠7ヶ月目になりました。7ヶ月目となると、お腹の中に居る赤ちゃんが既に人の形をしていて、いつ生まれてもおかしくない時期になっていました。
でも、それが当時の大変な問題でした。1981年中国の計画生育委員会が、立ち上がりました。その時から、皆さんがよく知っている中国の残酷な一人っ子政策が始まったんですね。

1991年に新しいルール、一人っ子政策、一発アウト制度が出来ました。これはどんな制度かと言うと、もし、1つの組織で、計画生育の事で問題があった場合は、その組織のリーダーがその年に行われた全ての成績が0になる事です。

又、場合によっては、その組織の上の組織のリーダーの成績にも影響を及ぼす事になります。

この政策が出た後に、中国であった最も残酷な事件は、中国のある都市で、その年の計画生育があんまりいけなかったので、その年の政府が指摘を受けました。

その後に、その都市が百日子供を生ませないキャンペーンをしました。百日間、妊婦さんのお腹に居る子供が何ヶ月であろうが、それはその妊婦さんの何人目の子供だろうが、関係無く、強制的に中絶させるキャンペーンですね。

当時はその百日間でかなりの妊婦さんが強制的に中絶になりました。当時の軍隊では、もし、この計画生育のルールに反した場合は、その組織のリーダーが処罰を受けるだけではなく、その上の組織のリーダーも処罰を受ける事になって、その組織が、その年の一連の評価対象にならない事になっていました。

ですので、もし、テンさんの二人目の子供が生まれると、テンさんの手紙を確認した連帯のリーダーが処罰を受ける事になります。ですので、テンさんは即、処罰を受ける事になって、それと同時に、軍隊から彼の出身地の計画生育委員会に連絡がいきました。

それで、彼の妊娠七ヶ月目の奥さんは、強制的に中絶を受ける事になりました。

1994年、9月の19日に彼は自分の人生を変える1本の電話を取りました。その電話をしたのは、彼のお父さん。テンさんはその電話で、彼の奥さんが強制的に中絶を受けて、7ヶ月の男の子が中絶された事、彼の奥さんが、大量な出血があった為、亡くなった事を知りました。

この事を聞いたテンさんは、そこで自分の生き甲斐を失くしました。自分が考えていた将来家族と一緒に北京で暮らす事、自分がズッと期待していた男の赤ちゃんをその一瞬で亡くす事になりました。

その瞬間、彼は完全に違う人になりました。その日の夜、彼は倉庫の管理人と一緒に食事をして、管理人から倉庫の鍵を受け取りました。彼は倉庫から1丁の81式自動銃と、6つの弾倉を取りました。

1つの弾倉に30発の実包が入っていました。彼はその銃と弾倉を上長が兵士の検閲を行う台の近くにある椅子の下に隠しておきました。

9月20日の朝、軍隊の上長が兵士の状況を確認して、検閲台に上がった時に、テンさんが自分が銃を隠した椅子の所迄行きました。その椅子と検閲台の距離は数メートルしかなかったです。

彼は一瞬で椅子の下から銃を取り出して、伏せと命令を出しました。周辺の兵士がその命令を聞いて、副中隊長の言われた通りに地べたに伏せました。

テンさんは5秒以内で検閲台に居る4名の上長を倒しました。その中に、彼の手紙を勝手に開いて通告した上長も居ました。

当時の現場で誰も実銃を持っていなかったので、彼を止められる人が1人も居なかったです。彼は自分を止めようとした兵士、又は上長を負傷させてから、兵舎から、飛び出して、道路で北京ジープをハイジャックして、運転手に天安門に向かうように指示をしました。

彼は天安門に行って、もっと多くの人の注意力を引こうと思ったかもしれません。その車が北京の建国門の周辺に行った時に、運転手が赤信号のタイミングを利用して、道路の横にある木をぶつけて、そこから逃げ出そうとしましたが、テンさんはその運転手を射殺しました。

その運転手は彼が北京で殺戮を始めた後の最初の犠牲者になりました。その後、彼は自分の銃をそこを通りかかった人やバスに向けました。

その建国門の周辺は、外国の大使館が集まる場所で、その銃撃戦はカナダの大使館の前で起きました。北京の公安、特別警察、又は軍隊が、現場に向かって、彼を止めようとしました。

その現場に居た、カナダの大使館が、その時の映像を衛星通信を利用して、海外にライブ配信をしました。

中国政府は急いで、テレビのシグナルを止めましたが、当時の一部の映像は、既に海外に流れてしまいました。北京での銃撃戦がアッと言う間に大きなニュースになりました。

又、当時、たまたま、そこを通った、イラン大使館の秘書と彼の9歳の子供が銃撃されて亡くなりました。残りの二人の子供も、負傷しましたので、その事が国際事件に繋がりました。

公安と軍隊が、合計千人位の人を現場に派遣しましたが、彼は負傷すらしなかったです。テンさんは自分の高いスキルと持っていた180発の実包で3時間半以上闘いました。

最後、自分の全ての実包を使いきった後に、射殺されました。当時の統計によりますと、その事件の死傷者数が75人、その内の25人が亡くなりまして、亡くなった人の中の8人が軍人、又は警察だった様です。

これはC〇Pが中国の政権をとってから北京で起きた、最も大規模な銃撃事件と言われています。この事件が終わった後に、C〇Pのオフィシャルな報道では、テンさんはとても品格が悪い人で、自分の上長に賄賂をして、昇進しようと思った時に、上長が彼の賄賂を受け取らず、彼が処罰を受けた為、彼がこの社会に対して、復讐しようとしました-と報道されました。

でも、この報道を信じる人がどれ位居たでしょうか?その事件が終わった後に、警衛第三師のトップのリーダーから、下のリーダー迄、全員処罰を受けまして、テンさんが入っていた部隊も再編される事になりました。

今日の話の最初に、ニュースではなく、皆さんが聞いた事があるかもしれない北京で起きた銃撃事件について皆さんに紹介した理由は、先日、中国の2020年の出生率は前年度と比べると、15%減ったという報道を見ました。

このデータは中国のオフィシャルなデータになります。中国C〇Pは悪い事を隠して報道する癖がありますので、2020年の中国の出生率は前年度と比較して、少なくとも15%減ってる事になるんですね。

C〇Pのやり方から考えると、勿論、私はこの比率はもっと高いと考えています。多くの先進国でも、出生率が低いという事が起きています。それは社会がある程度のレベル迄発展して、女性の社会進出と共に、子供が生まれる比率が下がる事は、かなり自然な事になります。

ここで自然な事という言い方が相応しいかどうかは分かりませんが、少なくともそれは、誰かの強制によって、出生率が低くなった事ではないです。

でも中国は違います。C〇Pの残酷な一人っ子政策によって、中国では、数えきれない程の赤ちゃんが殺されてきました。

中国の計画生育委員会の元トップが、計画生育委員会の仕事の成績、成果について、報告をした時に、計画生育が実施されて40年来、中絶が4億件あったと言った事があります。

2018年から中国は計画生育を止めました。その後に、中国政府は出来るだけ、中国の女性に多くの子供を産んでもらう様に、色んな宣伝を始めています。でも、中国の国民の中で、このやり方に結構ウンザリしている人も多いです。

余計と思われたら中絶され、必要と思われたら、子供を産んでもらう様に宣伝をする。人の生育というのは、人の最も基本的な権利であって、どっかの政府が勝手に決める事ではないです。

又、中国でよく起きている偽物のワクチン、毒ミルク、保育園での虐待等の事が数えきれない程起きていまして、改善された事がないです。

だから自分の子供を、その環境の中で生みたくないと考えている人も多いです。だから近い内に中国の出生率が回復する事は無い筈です。

このチャンネルでは、中国の出生率が低下している事と、中国の高齢者の比率が増えている事について、皆さんに紹介した事があります。

人口というのは、1つの国の最も重要で、最も基本的なファクターの1つになります。C〇Pが作った、その悪魔の制度がいつか自分を滅ぼす事になるかもしれません。

これからも、この様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回、お会いしましょう。


参考資料


建国門事件


悲劇生んだ「一人っ子政策」 権力者の思いつきに翻弄される中国

Iza 2018.9.12 10:51 産経新聞



政治ランキング


全般ランキング

この記事へのコメント