流れが変わってきた◆世界の変化は着実に反映される◆EUとC〇P然り◆アメリカ然り◆良い風が吹いて来た❓

00000 変化表紙.jpg

テキサス州司法長官などが新しい連盟を立ち上げ、
トランプ大統領が新しいプラットフォームをスタート、
EUがCとの貿易協定を中止!

Harano Times 2021/05/06



皆さん、こんにちは。C〇Pが直面している国際的な環境が益々悪化していっています。最新のニュースによりますと、欧州委員会の副委員長パールディスが正式に、「今の政治状況では中国と2020年年末に大枠の話がついたEUと中国の貿易協定を正式に有効化するタイミングではない。」と発表しました。

当時、中国とEUがこの貿易協定を結ぶことになった後に、C〇Pはそれを中国国内、又は世界中で大きく宣伝していました。

習近平はバイデン政府がEUと関係を改善する前に、その貿易協定を結ぶ為にかなり譲った部分もありました。アメリカが中国に対して、技術面で制裁をかけている今では、中国がEUと貿易協定があると、中国がもっと簡単にEUから彼等の技術、又はアメリカがEUに売った技術をもっと簡単に盗む事が出来るんですね。

ですので、この貿易協定はC〇Pにとって、どれ位重要なのかが分かると思います。

しかしウィグルの面談を巡り、C〇PはH&Mを批判した事から、
中国とEUの関係が悪化していきました。

EUが中国の人権弾圧の問題で制裁を掛けた事に対して、
中国もEUの議員たちに制裁を掛けた後、
当時、予定されていたこの協定に関する会議が延期になりまして、
C〇Pが制裁を解除しない限り、
この貿易協定を絶対進めないと主張する議員も出ました。

その後に、中国の総理がEUと関係を改善する為に
ドイツの大手化学企業が中国にある工場を訪問したり、
中国とEUの国際会議センターに行って、
EUの国のリーダーたちと面談する事によって、
関係を改善しようとしました。

しかし、今、世界の流れは、1人や2人の
「中国はこの世界から学ぶべき、もっと謙虚になるべき」
と思っている人の意思によって変えられるモノではないです。

今、C〇Pは自分の国内政策・国外政策を簡単に変える事が出来ない状況にいます。
それと同時にC〇Pの国内政策も国外政策も、この世界の流れに反していて、
この世界の一般的な価値観と衝突します。

1人の力…いくらそれが中国の総理であっても、
この状況を変える事が出来ないんですね。
EUの方でも、中国の方でも、この貿易協定を結びたいと考えている人が
かなり居る筈です。

何故かというと、この貿易協定でかなりの人がお金儲けを出来るからです。
それでも彼等がこのお金を稼ぐ事が出来ない理由は、この世界の流れが、
今、完全に反C〇Pの方に流れているからです。

確かにEUはアメリカと比べると、まだ中国に近い方です。
だから今迄私たちは、EUが中国C〇Pに対して、
厳しい対策をしたのをあまり見た事がなかったんですね。
しかし、この流れが一旦始まれば、EUが嫌でもこの流れに乗る事になります。

確かにEUでも、アメリカでも、
一部のC〇Pと関係を良くしようと考える人が出てくるんですが、
でも、今の状況の中では、前に3歩進んで、後ろに2歩下がった事があっても、
世界の多くの国の方向性が段々一致してきています。

経済面である程度利益が一致した時も、価値観が違って、
お互いを信頼出来なければ、関係も長続きしないです。

今、世界中でC〇Pの価値観に賛同できない国が増えるにつれて、
C〇Pが経済の利益だけで、他の国を自分の見方にする事が段々難しくなってきています。

C〇Pが自分の共産主義の本質、悪魔の本質を隠してきた、この改革開放の40年間の努力は台無しになる所に近づいてきていると思います。

◆    ◆    ◆    ◆    ◆

00001 虎サイト.jpg

では次の話にいきますと、昨日の午後、トランプ大統領の新しいプラットフォームが正式にスタートしました。

トランプ大統領は自分のテレグラムでこの沈黙と嘘に生まれる時代で自由を象徴する灯台が立ち上がると言いました。そのホームページのリンクを動画の説明欄に貼っておきますので、ご興味がある方は是非ご覧下さい。(此処では、太字部分にリンクがあります)

トランプ大統領の新しいプラットフォームはトランプ大統領が今迄使ってきた「アメリカを救う」というトランプ大統領の事務所のホームページのベースで作られています。

トランプ大統領のホームページにデスクというページがあって、その中でトランプ大統領が自分の言いたい事を発表していくんですね。

このデスクというのは、トランプ大統領が使っているデスクをイメージしていまして、トランプ大統領のデスクから直接皆さん宛にメッセージが行くという意味で使われていると思います。

このページは今の所、トランプ大統領が一方的に自分の話をする場になっていまして、まだユーザーたちが、その下にコメントが出来る様になっていないんですね。

私たちが期待していました、FacebookやTwitterの様な一般ユーザーも自分のアカウントを持って、そこで発言する機能が未だついていないです。

今後、その様な機能がついていくかどうかは、未だ分かりません。ただ、このリリースはトランプ大統領が7月、8月位に、新しいページをスタートするという話より、数ヶ月早まっていますので、これからこのページを更に、充実していく可能性があります。

そのページを簡単に紹介しますと、トランプ大統領が出した話をFacebookやTwitterに簡単にシェア出来る様になっていますし、Likeのボタンも付いています。

今迄、トランプ大統領が発表したアナウンスメントは全部時系列でそのページに貼られています。このページに自分のメールアドレスを登録すると、トランプ大統領が何かを言った時に、通知が来る様になっているんですね。

勿論、トランプ大統領をサポートする寄付の機能も付いていますし、グッズショップにも行ける様になっています。

このページはかなりシンプルです。多くの方は、勿論私もそうですが、トランプ大統領が一気にFacebookやTwitterの様なSNSを出す事を期待していたと思います。ですので、このページを見た後、人によっては、ガッカリする場合もあると思います。

一説、トランプ大統領が自分のSNSを作る事で、ビックテックによって、かなり制限されているという言い方もありますが、今の所、それの裏が取れていないです。

ただ、元々流れていたトランプ大統領がページをリリースするタイミングよりは早く出ているので、取り敢えずこのページで走り始めて、トランプ大統領と国民の接点を増やす事を考えている可能性があります。

トランプ大統領がこのページを公開した後に、沢山のメディアが彼の話をシェアして報道する様になってきています。ですので、自分の影響力を増やして、国民との接点を増やすという視点で考えると、このページは今の所、その目的を達成しています。

勿論、これから、このページがドンドン改善されていく事を期待しています。

◆    ◆    ◆    ◆    ◆

00002 選挙の歪を許さない組織.jpg

トランプ大統領が自分のページを公開した翌日、今日の最新の報道によりますと、トランプ大統領の元選挙キャンペーンのマネージャー、ブラット・パースカルが設立したAmerican Greatness Fundsアメリカ偉大基金という基金が今日、選挙清廉連盟/共和党選挙対策弁護団組織/選挙完全性同盟(Election Integrity Alliance)を立ち上げました。

今日出たばかりの連盟になりますので、日本語で正しくどういえば良いか未だ決まっていませんが、要するに、正直で歪みのない選挙を守る連盟になります。

この連盟の役員の中に、テキサス州の司法長官Ken Paxton(ケン・パクストン)、トランプ大統領の元若い女性弁護士Jenna Elllis(ジェナ・エリス)、元ニューヨークの警察局のトップ、バナード・ケリックが入っています。

この組織の声明の中で、この同盟の全国委員会は個人的に大きなリスクを背負いながら、選挙の完全性を求めて闘い、自由で公正な選挙の擁護者である人で構成されているといっています。

今の所、この連盟について、そこまで詳しい情報な無いんですが、この連盟について詳しい人の話によりますと、この連盟は投票用紙の詐欺、又は、選挙の安全性に関する情報を提供する為の組織であって、他の選挙の安全性に焦点を当てている組織と、色んな事で協力していくと言っています。

この連盟のメンバーを見れば分かりますが、どのメンバーもトランプ大統領をサポートしてきたかなり影響力のある人になります。

バイデンがホワイトハウスに入った後に、アメリカの左翼メディアが引き続き大きな声を上げています。

それであんまり保守派の声が拡散されていない様に見えますが、でも、保守派の人がコツコツ努力をして、なんとかこの状況と闘っていく事を考えています。

今回のこの連盟も、そのアメリカの選挙を守ろう、アメリカを守ろうという流れの一部になります。

今回の選挙が終わった後に、アメリカの保守派勢力がAmerican First研究所、America First legal、アメリカの常識に基づいて、アメリカの問題を解決しようとしているシンクタンク等の組織を立ち上げました。

この様な組織が多ければ多い程、選挙の問題をもっと細かい視点で、確認していく事が出来るんですね。

又、それと同時に、組織化されている左翼と対抗する為に、保守派にもこの様な組織が必要ですと、前から皆さんと話をしていますが、これが左翼の組織と対抗する組織をつくる流れの一部になります。

アリゾナ州の審査は、今の所、前に進んでいますので、それの結果を期待しています。それと同時に、テキサス州の司法長官、元ニューヨークの警察のトップが役員となっている、この新し連盟がこれからどんな仕事をしていくかを見て、又、皆さんに報告出来れば良いなと思います。

これからも、この様な話をしていきますので、ご興味のある方は是非フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回お会いしましょう。


虎さんチームの新組織に関してカナダ人ニュースのヤマタツさんも解説されていましたので、その動画も貼り付けますね。
トラさん声明3連投 Penceの未来は潰えた

カナダ人ニュース 2021/05/06




政治ランキング


全般ランキング

この記事へのコメント