インドと日本を侮辱して高笑いするC〇Pをクワッドも世界も許さない◆1日も早い虎さん政権復活で増長するC〇P対応の強化を❣

0000000  虎.jpg

昨日のHaranoTimesさんの動画のお話と重なりますが、張陽さんが更に詳しく、
C〇Pが日本に対してのプロパガンダで使っていた画像も教えて下さいました。
ったく…許せませんね。インドに対しても、日本に対しても、
これだけ汚いプロパガンダを繰り広げる隣国を黙って許していると
日本の国益が損なわれますし、アジア地域の平和が脅かされます。
抗議するだけではなく、
日本も、もっと、もっと制裁をかけても良いんじゃないでしょうか?

虎さんの動きが本当に活発化してきました。
これ迄、主流メディアに無かった事にされてきていた虎さんの動きが、
主流メディアがよってたかっても、
隠しきれないくらい明らかになってきました。
正邪の闘いが本格化してきた証拠ですね。

今日は、張陽さんが昨日アップされていた動画と、
黒森美音王さんの動画を貼り付けましたので、どうぞご覧下さい。

中共の
インドと日本への侮辱は
クワッドをより強固に、
共和党よりも保守派をより重要視
【第167回】

張陽チャンネル 2021/05/06


ハイ、皆さんこんにちは。張陽です。

5月1日の午後1時24分ですね、
中共の政治法律委員会のWeiboアカウントですね、
「長安網」というアカウントが1つの投稿をしました。

内容はですね、「中国点火VSインド点火」
インドの1日の感染者数が40万人を突破という内容だったんです。

0000001 2枚の写真.jpg

又、2枚の写真を載せています。片方の写真はですね、
中国の長征八号ですかね…のロケットを発射する現場…そのロケットに
点火した瞬間の写真です。

もう片方はインドでですね、
ウィルス変異株に感染して亡くなった人はですね、
あまりにも多過ぎるので、火葬場は火葬しきれないので、
インド人は自分で薪を集めてですね、
町で遺体を火葬する時点で点火した写真ですね。

これは明らかに他国の死者を笑い話の材料にするという、
或いはですね、他国の死者を利用してですね、
自国の凄さをアピールするという。

中共はですね、もう正常な人間の思惟さえもないんですね。
これは中共はインドのね、防疫失敗を揶揄するという人もいれば、
まぁ、インドの防疫失敗を祝うという人もいます。

まぁ、どっちもあるんですけれども、中共のね戦狼外交はですね、
必ずこの様な結果をきたしますね。インドはですね、反応しました。
インドのWionテレビ局はですね、これを大いに報道したんですね。
0000002 Wionテレビ.jpg

しかもこのニュースに関する報道はですね、
なんと4分26秒の長さにも及びました。
この様な大きなマスコミはですね、
あるニュースを報道する際にはですね、
数十秒、長くても1分、2分位ですね。

でも、今回の中共の揶揄に対してですね、
テレビ局はなんと4分26秒の報道をしました。
インドはですね、完全に中共に呆れたと。

去年ね、武漢で初めて疾病の伝染が爆発した際にですね、
インドが十数トンの支援物資を送ったんです。

今、インドの疾病がもう制御出来なくなってですね、
中共はインドの死者を揶揄したと。
この揶揄はインド人の怒りに点火したと…こう言えますね。

Wionマスコミの登録者数は241万人なんです。でも、Wionというものはですね、マスコミグループZeeメディアの一部に過ぎないです。このZeeメディアの登録者数は1820万人となっています。

登録者数だけを見ますと、このマスコミの規模はですね、CNNとBBCを超えていますね。勿論、インドの人口が多いのは、一つの主要な原因だと考えられますけれども、中共が一気に1820万人の怒りに点火した事から、古今東西を見ますとですね、中共の様な愚かなモノを見た事がないですね。

この投稿は中国国内でも非難されていますね。中国の古代にはですね、
隣人に葬式をする時、杵歌を歌わないと。昔の人は米をつく時、杵歌を歌うんです。まぁ、歌ではないんですけれども、杵の動きの調子をとる為ですね、掛け声の歌みたいなモノです。

また、近所にですね、出棺する事があればですね、横町には歌わないという事は「礼記」にハッキリと書かれているんですよ。特に他人の葬式を嘲笑うのは禁物です。何故ならばですね、亡くなった人の怨霊に憑りつかれるからです。

特に急性伝染病で亡くなった人を冒涜するとですね、早晩この伝染病が自分の身に移ってくるんです…と昔からズッと言われています。

最近の報道によりますとですね、中国の浙江省と重慶市にはですね、2桁のインドウイルスの変異株を発見したんです。しかもですね、症状も無いし、又、一部の感染者はワクチンの接種を受けたにも関わらず感染したんですね。

5月1日から中国のゴールデンウィークに2億6千万人が外遊していると。

これはですね、インドのウィルス変異株の中国で広がる危険性を大いに増しました。

今日はですね、オーストラリアと中国の外交関係はですね、緊張した際に、中共の外務省の報道官、趙立堅は、オーストラリアの軍人がアフガニスタンの子供の喉をですね、かき切ろうとしている画像をTwitterに投稿したんです。

当然ながら、オーストラリアから強く非難されtたんです。

代わりに葛飾北斎の描いた「富岳三十六景」の金川沖浪裏を日本人がマスクをつけて防護服を着て、核の処理水を太平洋に入れるパロディ絵に変えたモノをTwitterに投稿したんです。しかも神奈川沖浪裏にあったその富士山をですね、原子炉に変えたと。又、雲を十字架の形にしたと。
0000003 富岳三十六景fake.jpg

だから他人の葬式を揶揄するだけではなくて、他国の文化を利用してですね、他国を貶める、侮辱することはですね、もう、中共の特有の文化としてですね、中国に定着しています。

他人の苦しみや痛みを喜ぶのは中共にとって正常な思惟ですね。今迄ですね、中共に対して未だ幻想を抱える日本人はですね、今、お話した2つの事を知っていれば、中共への幻想を捨てるべきではないでしょうか?

中共のこの戦狼的な外交がきたした結果、世界各国は漁師になるまで追いやられるでしょう。しかも近い将来、中共への巻狩りは開始するだろうと思います。

最近はですね、トランプさんのニュースが多いので、まぁ、紹介しなければいけないですよね。ホントは。

5月4日の午後に、トランプさんは新しいプラットフォームを開始しました。トランプさんの発表した声明とか、写真と動画をですね、このプラットフォームで見る事も出来るし、しかもですね、自由にFacebookとTwitterに転送する事も出来るんですね。

でも、ファンたちの意見をですね、このプラットフォームで発表する事が未だ出来ないんですね。このプラットフォームの紹介にはチョッと面白い事があったんですけれども。チョッと紹介しますね。その紹介にはこの様な文言があったんですけれども。

「過去4年間ですね、我が政府が全てのアメリカ人に貢献していました。アメリカを救う事はですね、これらの業績の上でやるんです。保守派を支持します。これらの保守派はですね、MAGA運動の未来、我が党の未来、我が国の未来を決める」という文言があるんですね。

ここでですね、トランプさんはわざとですね、「党の未来」と言ったんですね。
「共和党の未来」と言っていないです。これは興味深い所です。

トランプさんはね、共和党の国会支配権を奪い返す」と言ったじゃないですか。でもね、「共和党の未来」と言わずにですね、「我が党の未来」と言ったんですよね。

だからトランプさんの言った「我が党」というのは、共和党と言うよりも、保守党、或いはMAGA党と言った方が、より相応しいかもしれませんね。

何故ならば、共和党の建制派の態度は非常に失望させますから、だからトランプさんはワザと此処でですね、「共和党に言及せず」代わりにですね、「我が党」と言ったのではないかと考えられますね。

5月5日の水曜日、FBの監督基金会はですね、トランプさんのアカウントを復活させるかどうかについてですね、結論を出す予定です。

トランプさんはその前日に自分の新しいプラットフォームを出したと。意味は明らかです。Facebookのアカウントは、もうどうでも良いです。Facebookに先手を打つ為、未だ、完璧な機能を備えてないんですけれども、でも、まぁ、Facebookの監督委員会が審査結果を公表する前に、自分のプラットフォームを出すというのはトランプ陣営の策略ではないかと思います。

これからね、このプラットフォームは、徐々にね完全化していくでしょう。今回のプラットフォームですね、トランプ陣営の3月にお話しした新しいソーシャルメディアではなくて、Facebookより先手を打つ為に、臨時的に作ったプラットフォームみたいな感じがしました。

これからですね、公表するソーシャルメディアはですね、より凄いモノだと思いますね。まぁ、翌日の5月5日にFacebook監督委員会はですね、Facebookとインスタグラムでトランプさんのアカウントを凍結する判断をすると表明しました。

又、5月4日にトランプさんはITKの番組のOwensのインタビューを受けたんですね。Owensはトランプの支持者なんですけれども。彼女は動揺に2024年の大統領選出馬についてですね、トランプさんに質問しました。

トランプさんはですね、「私は非常にExciting。時間が未だ早いですけれども、私は一旦発表したらですね、人々は、きっと、きっと喜ぶでしょう。でも、選挙資金にかかる為ですね、私はこんなに早く発表してはいけないです」と言ったんですね。
0000004  ITKの番組.jpg

だからこれらの言葉から、トランプさんは2024年に出馬する事はですね、まぁ、確定したと言っても過言ではないでしょう。

アメリカの選挙法によりますとですね、もしトランプさんが2024年の大統領選に出馬すると正式に発表したらですね、トランプさんは発表した日から自分が如何に資金を募金したのか、又、如何にですね、集めたこれらの資金を使ったのかを…財務状況みたいなモノを全部公開しなければいけないんです。

だからトランプさんはですね、「これは資金運営と募金にかかるので、私は何とも言えないです。さもなければ、私はきっと、皆さんを満足させる答を出すでしょう。だから私はですね、非常に、非常に、真剣にね、この問題を考えていますよ」と言ったんです。

Owensさんはトランプさんの支持者です。彼女はトランプさんの副大統領の人選に入りたいです。2024年の大統領選に参加したい」と半分冗談でね、言ったんですけれども、トランプさんは、「あぁ、これは素晴らしい選択ですね」と応じました。

だから 以上の情報からですね、これから共和党の人ではなくて、保守理念を持つ全てのアメリカ人はですね、トランプさんの周りに団結する事になるだろうと思われますね。ハイ、今日の話はこの辺に致します。


ここで気になるアリゾナ州マリコパ郡での審査情報ですが、そもそも論として、黒森さんがとっても具体的で分かり易い解説をして下さっていますので、それも一緒に貼り付けさせて頂きます。

数字が示す〈D機器がやっていたこと〉

アマチュアYoutuber黒森美音王2021/05/06





政治ランキング


全般ランキング





この記事へのコメント