(ーー゛) C〇Pは民衆を洗脳して、結局は自分で自分の首を絞めている様なモノ◆日本の次のソーリはデカップリングを宣言か? (^_^)/~~~

00009062021 リトル京都.jpg

大連の日本商店街が閉鎖された裏の話、
電話クレームの録音内容を公開、
これからさらに厳しくなるビジネス環境

Harano Times 2021/09/06



中国語の動画(あのさ、この事の問題はかなり深刻だ、知ってる?この事の深刻さを知ってる?)

皆さん、こんにちは。8月21日中国大連で中国最大規模の日本をテーマにした創業商業施設盛唐リトル京都が正式に開業しました。

これは中国と日本の企業が共同開発したプロジェクトで、その投資額は60億人民元、日本円にすると1千億円位になります。

そのリトル京都は京都の清水寺周辺の二年坂、三年坂の街風景を実際の建物と道路の幅等も含めて再現した商店街になります。

観光客はそこで京都の街風景を見る事が出来るだけではなく、そこで日本各地のお土産を購入する事も出来ます。

日本の化粧品専門店、ラーメン、焼肉レストラン等もあって、中国の最も大きい日本の商品を販売する基地になる可能性があると報道されていました。

実はこのプロジェクトはこの商店街がメインではありません。これは大きな不動産プロジェクトで、今83.件のホテルと1,300の別荘を建設中で、すべての別荘に人工温泉が付いている様です。

つまりこのプロジェクトは基本別荘を販売する事がメインで、それの周辺施設として、日本の商店街があって、そこが観光地になってきたら、ホテルに人が集まるという計画だった可能性があると推測する事が出来ます。

人が集まってくると、別荘の販売もよくなってきますので、商店街を早めにオープンして、そこの人気をあげようとしている可能性があります。

このプロジェクトは2019年の4月に日本電産工業電池と同時に決まったプロジェクトで、当時大連の重要なプロジェクトとみられ、当時の遼寧省の書記大連の市長の様な人もその契約式に参加しました。

又、大連の2021年度政府職務報告書の中でこの盛唐リトル京都は年度重要プロジェクトとして認定されました。

つまり、これは政府のお墨付きがあるプロジェクトになります。この商業施設がオープンになった後直ぐ、大連で日本の商店街が出来たという事は中国で大きな話題になりました。

又、ネット上でのコメントを見ると、ネガティブなモノが多かったです。中国人のこの件に関するコメントを見ると、これは日本の文化が中国に侵略した事になると言った人も居るし、この施設の名前は盛唐リトル京都ですので、日本はこのプロジェクトを通して、中国の歴史の時代唐は日本の文化の影響を受けたという洗脳をしたいというワケの分からない言い方もあったし、日中友好は有り得ない。これは日本のゴミという様なコメントが大量に」ありました。

又、この商店街で日本産の物しか売っていないという噂も出たり、そこの従業員は全員和装をして、日本のメイクアップをしているという噂も流れました。

此処で彼らが言っている日本のメイクアップというのは、京都で見る歌舞伎の事を指します。

その様な噂に対して、大連の運営側は「それは噂であって、日本をテーマにした商業施設だが、その中では日本品しか売っていないワケではない。又、それは別荘エリアの付属商業施設」と言って説明をしました。

その様な大量のコメントを見て、この日本をテーマにした商業施設の将来は厳しいという見方が多かったです。日経の中国版の報道でも、大連は確かに日本と密接な関係があるが、でも長期的に見て、このプロジェクトは運営上政治的リスクを考える必要もあるとコメントをしました。

やはり多くの人の予測通り、この商店街は一時閉鎖される事になりました。勿論、反対があったから一時閉鎖と言わずに、テスト運営が終わったので、正式運営の為に、一時営業停止するという説明をしています。

では、何故その開業したばかりの商店街が一時閉鎖になったでしょうか?これから皆さんに見せる具体的なクレームの動画を見れば、その理由が分かります。

女性:もしもし、こんにちは

男性:こんにちは

女性:こんにちは。週末お休みの所、スミマセン。こちらは大連金石灘国家観光区管理委員会です。我々は大連の12345政務プラットフォームで貴方のクレームを見て、連絡しました。今、よろしいでしょうか?

男性:あのさ、このことの問題はかなり深刻だ。知ってる?この事の深刻さを知ってる?

女性:先にどうぞお話下さい。タイミングが良い時に仰って下さい。又、説明致します。

男性:じゃあ、言えよ。

女性:分かりました。先ず、貴方は大連の市民か、それとも他の都市の人が分かりませんが、多くの人がネットで拡散されている写真や動画を見ています。
現場では和装を着たり、日本のメイク(歌舞伎)をしたりする人は居ないです。
このプロジェクトは…

男性:では、貴方はそこは日本の風情街だと思わないの?内から外迄、日本の文化になっていると思わないの?過去、(日本に)侵略され、東北人、中国人が殺害された大連じゃないの?大連にその堪えられない歴史が無いのか?
日本帝国主義はその侵略の歴史を認めようとしない。又、神社なんかを参拝している、知らないの?これらの事を考慮していないの?
この物議を醸す所で、この様な街を創ることは英霊に傷をつける事じゃないの?

女性:このプロジェクトの話をすると、大連は国家が批准した中日地方都市発展協力モデル区です。大連政府が行っている全ての融資も文化プロジェクトも国家の基準に合わせて行われています。ご安心下さい。この商店街も貴方が思っている様に、十数億投資して、1つの商店街を作っただけではありません。
このプロジェクトは民間企業の投資活動になります。企業が投資して、沢山の別荘を作りました。それで別荘は…

男性:では、あなた達は大衆に説明しろ。私個人に説明しないで。私だけが言っているのではなく、千万人が言っているんだ!


この動画で出てきた男性は、今回のこのプロジェクトにクレームを言った沢山のの人の1つの代表例になります。その女性が比較的冷静で丁寧に対応した事から、同じ様なクレームが多いので、説明に慣れている、若しくは、その大金を投入したプロジェクトを守る為に対応スタッフがシッカリと訓練を受けた可能性があります。

この男性の話から分かりますが、彼は完全に日中戦争の歴史から抜け出せず、中国で受けてきた反日教育の洗脳でクレームを言っている事が分かります。

皆さんも中国の愛国教育=反日教育という事を聞いた事があるかもしれません。それは本当です。中国共産党は大日本帝国を中国から追い出して、新しい中国を創った。中国人を幸せな生活に導いたという事は、中国の幼稚園・小学校からズッと学生に教えられる事になります。

又、日本のイメージを悪くする映画、ドラマ等が沢山あるし、中国政府も中国国内のプレッシャーが大きくなった時に、日本をガス抜きの対象に使った事が何回もありました。ですので、多くの中国人のイメージの中で、日本は中国の永遠の敵です。

勿論、外の世界を見て、日本に来た事がある、又、正しい歴史を勉強した事がある中国人は日本にそこ迄悪いイメージを持っていない事が多いし、日本が好き、日本を尊敬している中国人も居ます。

でも、比例で考えると、未だ少ないです。中国から出た事が無い、中国の教育を受けて、中国の国営メディアしか見ない人は、日本に良いイメージを持てる筈が無いです。

その動画の中で、男性は千万人が同じ事を考えていると言っていました。少し大袈裟な言い方に聞こえるかもしれませんが、でも中国人の数で考えると、かなり普通の数字かもしれません。

中国の教育で事実を教えていない事を証明する1つの例うを挙げます。例えば、その男性の話の中で、日本はその歴史を認めていないと言いました。では、本当にそうでしょうか?

普通に調べれば分かりますが、日本の多くの元首相は、日中戦争に対する反省の事を話をした事がありますし、中国に対して謝罪した事もあります。

しかし、中国では、日本は今迄謝罪した事が無いという言い方ばかりです。又、戦争後、日本が中国に40年間し続けた開発援助ODAの存在すら知らない中国人が殆どでした。

安倍元首相がODAを止めると言った後、中国人がその存在を知りました。ODAを止める事が発表されたのは、2018年で、調度貿易戦争で米中関係が悪くなった時です。

中国は日本と関係を改善する必要があったので、それをニュースとして報道しました。もし中国共産党がODAが停止される事を報道しなければ、引き続き、大半の人がそれを知らなかったでしょう。

このリトル京都のプロジェクトが決まったのは2019年4月、それも米中関係がかなり悪い時で、日本との関係を改善する必要があったので、政府の許可もあって、この様なプロジェクトが簡単に決まったに違いないです。

では何故今になって中国人がこのリトル京都に大反対しているかと言うと、やはり中国共産党が戦狼モードに入って、中国人の民族主義を煽ってきたからです。

極端な民族主義が煽られた後、中国人が頻繁に外国の企業、又はアーティスト等が中国を汚辱したというワケでネットで批判し、不買運動をしてきました。

それで、外国の企業と一緒に仕事をしている中国の会社、又はそれらの外国の企業と契約している中国の芸能人等もそのプレッシャーで、外国の企業との関係を切ってきました。

今迄聞いた事もなかったブランドが不買運動に会うので、日本の様な中国の敵として見られてきた国がやられるのも、或る意味避けられないと思います。中国共産党は中国人のその情緒を利用する事が出来ると思っています。

確かに、今の様に国際社会からプレッシャーを受けている時に、中国人の民族主義を煽って、中国人を団結させる事が出来るかもしれませんが、でも、極端な民族主義が高まれば高まる程、外資企業が中国で生き辛くなりますので、外資が中国から離れると、中国の状況が更に悪くなる悪循環に陥る可能性もあります。

リトル京都の話が出た同じタイミングで、大連にある東芝の工場が中国から撤退する為、千人の従業員を解散する事を発表した動画が流れました。

ネット上の話を見ると、確かな事ですが、東芝の情報を確認したら、それに関連する正式な報道が無かったので、詳細については、また見ていきたいと思います。

本当に東芝が工場を止める事を決めたなら、それはこのリトル京都の話とは関係ないと思いますが、悪化している中国のビジネス環境も、その一因になるかもしれません。

外資が撤退すると、結局、失業する人は現地の中国人になります。今回のリトル京都の件で、中国人がやっている店舗が千店舗余り、日本人がやっている店舗が4店舗、ネパール人がやっている1店舗が営業停止になった様です。

オフィシャルなデータが無いので、この具体的な数字は、何処まで信憑性があるかは分かりませんが、この比例(?)はあっていると思います。

結局、現地の中国人が仕事を失う事になります。民族主義に煽られて、批判をしていた人は、そこで店舗を構えている人ではないので、彼等にとってはどうでも良いかもしれません。

今回、リトル京都が閉鎖された後、中国政府は経済と民族主義のバランスを天秤に置いて、経済の事を考えて、この商業施設を少し修正した後に、再開する可能性があります。

しかし今の侭行くと、中国の経済が悪くなって、外国との関係も悪くなって行きます。そうなると、中国共産党は中国人の民族主義を煽って、彼等に団結して貰う様にする可能性があります。

それで、この様な事は、未だ起きるかもしれません。これからもこの様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回、お会いしましょう。



政治ランキング


全般ランキング

この記事へのコメント