ワシントンからの情報は全て1月17日前後に注目と!


00000  1.17に注目して.jpg

今日は、Harano Timesさんの動画が上がってくる迄の間にこの Freeman と仰る方の動画を先ずご覧頂きたいと思います。これをご覧になった後の方が、恒例の石川新一朗さんのワシントンからのメッセージのご理解が深まるかとも思いましたので。

このFreemanさんの動画は画面全面に文字が出ているので、文字起こしの必要が無いシロモノではありますが、動画を再生する環境に無い方の為に、今回は文字起こしをして、大切な情報を共有したいと思います。

【アメリカ】実力行使に出そうなトランプ大統領

Freeman Chanel 2021/01/08




どうも、フリーマンこと長谷川です。今回ですね「、実力行使に出そうなトランプ大統領」という話です。

ウチとしては2021年1月17日前後に注目して欲しい—という所なんです。アメリカ大統領選は1月6日の選挙人投票開票が行われたんですが、現在は混乱していて、アメリカの分断が現実として起きています。

そんな中でもトランプ大統領は様々なカードを切っているんですが、今回はそこに関する話をしていきます。

選挙人投票の開票の翌日2021年1月7日、トランプ大統領はスピーチを行いました。そのスピーチの内容としては、
1.議事堂の暴力と無法を非難
2.冷静になる様に呼び掛ける
3.選挙法の改定を提案
4.秩序ある政権移行が行われる
5.あの病気の克服と経済再建に国民が団結しなくてはならない
6.我々の旅は「まだ始まったばかりだ!」

この6点になります。

特にポイントになるのが、4の「秩序ある政権移行」の部分です。この部分のスピーチを聞くと、

「議会が選挙結果を認定した今、1月20日には新政権が発足する」

「今の私の仕事の重点はスムーズで秩序ある、切れ目がない政権移行を確保すること」と言っています。

たた、具体的に「誰が新政権を担うのか?」ということは、トランプ大統領は触れていません。手続き上、普通に考えればバイデン氏だが、果たしてトランプ大統領の腹の内はそうなんでしょうか?

この発言を日米のメディアが「トランプ大統領の敗北宣言」と報道。これから話す事を踏まえると、総統にメディア側には都合が悪いというのは理解出来ます。

この間、ワシントンの連邦議会議事室は動きが慌ただしくなり、下院議長の民主党ナンシー・ペロシ議長がペンス副大統領に対し、前回話した合衆国憲法修正第25条を基に、大統領を強制的に辞任させる事を要求。

それに対し、ペンス副大統領はその要求に反対。現在の段階ではトランプ大統領の辞任要求は条件を満たせず、議会では通らない状況です。

又、ワシントンには2021年1月7日の段階で6州の州兵6,200人が派遣されたそうなんです。その内訳は、メリーランド、バージニア、デラウェア、ペンシルバニア、ニューヨーク、ニュージャージーになります。

これらの州兵は少なくとも30日間ワシントンに駐留するとのことなんです。

ここからはトランプ陣営の話です。

まずはトランプ陣営の弁護士、リンウッド弁護士の話からですが、ついにTwitter社からアカウントを完全凍結されてしまいました。

そこから、現在は発言がし易いSNS、Parlerで発言をしていますが、そこでとんでもない爆弾をリンウッド弁護士は投下しました。

リンウッド弁護士は何故かバイデン氏の次男、ハンターバイデン氏の修理に出されたPCの中身の画像を添付し、「ジョーバイデンは大統領になりたい。バイデンが中国共産党や他の外国から脅されない様に、ハンターのPCの内容を法執行機関が綿密に検討すべきではないか?」と投稿。

その画像には、ハンター氏のいかがわしい行為が入っていると思われる動画が30本あり、他にもPDFファイルや画像があったので、内容的にはとてもヤバイものだと思われます。

又、議会にもトランプ陣営から動きがあり、議会の大統領認証の手続きが全て完了したのを見計らって、ラトクリフ長官の今回の選挙の報告書が議会に提出されました。

この報告書は14頁に渡るもので、上院情報問題特別調査委員会に提出されています。

内容としては、以前の自分の動画でも話したロシア中国による選挙介入について書かれています。

又、ドミニオン票集計機関連についても、前々回の動画で話したイタリアの国防関係者が票操作を行ったことで動きがあり、今回の大統領選の投票結果をドイツ・フランクフルトのサーバーで改竄したという宣誓供述書がイタリアから出ました。

宣誓供述書は「私はチャンとした証言をしている」という供述書なんです。しかし、これで嘘をついた場合、アメリカでは5年以下の懲役刑などになります。

つまり、この時点で「お困りの方たちの炙り出し作業が終わった」という事になります。

ここからがバイデン陣営の話です。

2021年1月7日バイデン氏は連邦議会議事堂への乱入について、トランプ大統領を激しく非難し、議会に乱入した人々を「暴徒、反逆者、国内テロリスト」と呼びました。

その上で、「私の考えでは、昨日は我が国の歴史の中で最も暗い日々の1つだった」とバイデン氏は述べたんです。

又、今回の議事堂乱入でトランプ政権関係者の辞任が相次いでいるんですが、その中で注目すべきなのが、共和党のリーダー、院内総務のミッチ・マコーネル氏の妻である、台湾出身だが、ルーツは外省人、つまり中国から台湾に移住した中国系アメリカ人のイレーン・チャオ運輸長官が辞任。

マコーネル氏に関しては、バイデン陣営の人間である事は見えてきているので、如何にトランプ政権の内部にバイデン陣営の人間が居たかというのが如実に分かる話なんです。

又、バイデン陣営のSNSの筆頭格であるFacebookが2021年1月7日時点でトランプ大統領のアカウントを無期限の凍結措置にすると発表。その前日迄、24時間のアカウント凍結だったのに、それを延長した事になります。

動揺にトランプ大統領のInstagramも凍結措置となり、少なくともこの2つのSNSのトランプ大統領のアカウントは2021年1月20日迄の2週間は凍結される見通しだそうなんです。

アメリカ以外でも議事堂乱入の件は非難の声が上がっており、イギリスのボリス・ジョンソン首相は、この件でトランプ大統領を激しく非難。

ただ、そのイギリスに身を置いていた時期もある自分としては、「三枚舌外交」と呼ばれる矛盾した事を言って、中東で問題になったかもしれない事を考えると、どこ迄がジョンソン首相の本音かは分かりません。

そして、今回の動画の1番のポイントはここからになります。

トランプ大統領は現在テキサスの国防司令部に居るとされているんですが、リンウッド弁護士とトランプ陣営のハッカー、ロン・ワトキンス氏が言うには、

現在、「RED5」という段階に居るのだそうです。

RED5って何ぞ?」という話なんですが、どうやらトランプ陣営の6段階の計画のうちの5段階目に当たるそうなんです。

実際、その6段階はどうなっているのかというと、
RED1トランプ大統領のツイート削除(「(家に)帰ろう」削除で反乱法の要件成立)

RED2 中央通信の停電(まだ起きていない)

RED3 ペロシ議長かペンス副大統領はトランプ側のスパイ(おそらくペンス副大統領がスパイで敵の内部に潜入成功)

RED4 軍事行動、2021年1月7日から10日目(2021年1月17日)に民兵(2021年1月17日に行動を起こすと宣言している)の鎮圧を理由に最初の海兵隊(トランプ側)が中心地に入る。

RED5 国家軍事センター(反乱法か戒厳令の発令)

RED6 国防長官指示(軍隊によるディープステートの逮捕)

このようになっています。正直言って、どこまで本当なのかは何とも言えないんですが、トランプ大統領は実力行使に出そうな感じではあります。

それを裏付けるかは分からないが、2021年1月6日の議会に於いて、ペンス副大統領があるバッジを受け取っていました。一部ではトランプ陣営が仕掛けているとも言われている秘密結社、Qアノンの「17のバッジ」をペンス副大統領が議会で受け取っている様子の動画がTwitterで拡散。

因みにアルファベットのQはAから順番に数えると17番目に当たります。自分自身は2020年の上半期迄だったら、この話は信じなかったんですが、今の段階となると、もしかすると有り得るかもしれないと考えています。

信じる信じないはこの動画を観た皆様のご判断にお任せしますが、2021年1月17日前後には注目して欲しいんです。

そして本題ワシントンからのメッセージ


恒例の石川新一朗氏のワシントンからのメッセージを噛みしめる動画です。


2021/01/09





今日は令和3年1月9日土曜日。只今の収録時間は午前4時でございます。今日のテーマは22回目のワシントンメッセージです。

早速、本日は紹介させて頂きます。

石川様、トランプ大統領の事をご心配頂き、有難うございます。世界の心配されている皆様にお伝えします。

日本時間の午前3時に入ってきた内容です。ケネディジュニア生きています。ケネディジュニア生きています。CIA長官のジーナ・ハスペル生きてます。ジーナ・ハスペル生きてます。

ウィキリークスを創設したジュリアン・ポール・アサンジ生きてます。ジュリアン・ポール・アサンジ生きてます。

エプスタイン氏は終身刑ですが、生きてます。こちらサイドに情報提供しており、軍事裁判に出て来ます。エプスタイン氏は終身刑ですが、生きてます。

それでは簡単にお伝えします。NSAの担当官から我々に連絡がありました。先ず、今後のスケジュールに変更はありません。日本時間の1月18日迄、全ての事が終了します。日本時間の1月18日迄、全ての事が終了します。

この動きは15日前後より始まるか、早まるかもしれませんが、イヨイヨ発動されます。この動きは15日前後より始まるか、早まるかもしれませんが、イヨイヨ発動されます。

トランプ大統領はワシントンタイムの8日午前0時に、日本時間午後2時、次の段階へ入った事をメッセージで伝えてきました。

それはレッド5の段階にその時間より入ったとの事です。それはレッド5の段階にその時間より入ったとの事です。

大きな動きは日本時間17日中に始まる予定です。大きな動きは日本時間17日中に始まる予定です。

短い内容ですが、今はこれしかお伝え出来ません。短い内容ですが、今はこれしかお伝え出来ません。

この地上を必ず愛と平和に満ち溢れた世界にする…その事を長い期間掛けて行ってきた事は必ず実ります。神は最後に頑張った者に一輪の花を贈ってくれるでしょう。

以上ワシントンからのメッセージでありました。最後迄ご視聴頂きまして、誠に有難うございます。心より感謝を申し上げさして頂きます。

それではいつもの様にイイねボタンとチャンネル登録を宜しくお願い致します。

それでは本日も元気いっぱいに〆て参りたいと思います。

最後にトランプは絶対に勝つ!

次に注目したのがコレ!


【米大統領選挙】ワシントンからのメッセージ『速報』視聴者の皆さんへ【BBニュース】

BBニュース『時事政治国際問題』2021/01/08



今回は速報としてお伝えしたい事があるので、直ぐにね動画を撮ってアップする形で今回は挙げていきたいと思います。

そしてですね、ワシントンから情報が一部ね…来ました。未だ詳細っていうのは、後程送るって言われているんですが、一部ね動画で直ぐにアップしたいと思います。

皆さん、今チョッとね、心配ですよね。不安ですよね。ただ、それを拭わないといけない。本来、人間にあるポジティブなエネルギーっていうのが平和への最大の力になるんです。ネガティブなエネルギーっていうのは、それは闇のエネルギーになってしまうんです。

だから皆さん、ポジティブな力をトランプさんに、そして世界に送ってあげて下さい。そしてですね、ワシントンから入った速報っていうのは

間も無く本当に近々に大統領令を発令していくと、そういう指示が降りました—という事で速報が入っています。僕も聞いています。

なので、もう間もなく、トランプさんが今迄に準備してきたあらゆる大統領令、物凄い大統領令しいて来ましたよね。その中で、今回効果的に発動するものを発令していくという事ですよね。

そしてですね、又、あとで動画を詳しくねあげるのですが、動画はね、チョッと作成したり色々時間が掛かったり、基本的に1日前に作ったのを次の日にあげているので、遅くなってしまうので、今回先に伝えています。後に詳細等を伝えていこうかなぁって思います。

今、現実的には少し受け入れられない事かもしれませんが、トランプさんもメッセンジャーの1人に過ぎないんですよ。大局で見たら。

壮大なマクロ視点で見たら、トランプさんもメッセンジャーの1人に過ぎないんです、実際は。勿論、地球上では世界的なリーダーですけど、もっと大局で見た時には、メッセンジャーなんです。

昨日の動画でも言った通り、今起きている表面的な事っていうのは、大局で見た時に1割以下の内容にしか過ぎないんですよ。トランプさんもメッセンジャーにしか過ぎないという事は、トランプさんより事実上、上の存在って居るわけなんですよ。アライアンスとだけお伝えしておきますね。

(この太字部分にリンクのある昨日の動画っていうのが、【米大統領選挙】リンウッド弁護士が語る真実!ワシントンDC議事堂内にMAGAに扮したAN〇〇〇〇が潜入!警〇〇が彼らを招き入れる決定的な証拠動画が存在していた!マイク・ペンスは何故…【BBニュース】というタイトルで証拠満載で実に興味深いです。)

ネット上にすら出回っていない存在…そういったモノも実は存在している様です。皆の衝撃を和らげる為に、情報を出している石川さんと僕はそのトランプさんよりももっと別の存在から情報を提供してもらっております。

勿論まだ、その存在の詳細っていうのは、色々事情があるので、明かせませんけど、当日が来た時に、徐々に明かしていく、そして世界に公表していく形になるんじゃないのかなぁ…って僕は思っています。

12月18日に聖戦は終わっていて、光と闇で、光が勝利したんです。地上の闇っていうのは、まだ少し残っていますけど、隠しダンジョンの裏ボスの闇はもう負けたんです。光が勝利したんです。

という事はどういう事か分かりますよね。何処から指示が飛ばされて、メッセンジャーとしてトランプさんが今、大統領として立っている。何処から情報が来ているかっていうのは、なんとなぁ~く分かりますよね。

こういった詳細に関しては、勿論ね、当日が来た時に、皆さんが受け入れられる様になった段階で話すっていう形になっています。

ただ、今、皆、気持ち的に落ち込んでいる人が多いと思うので、軽くね先出しをしておきます。この後、大きく動いていくようです。ハイ、っという事で、皆さん、ポジティブな気持ちで、そのポジティブな気持ちこそ、光の最大パワーなんですよという事をね、チョッと心の片隅に置いてもらって、ネガティブでないポジティブな力を送っていきましょう。それこそが世界平和への最大のパワーです。

ハイ、という事で、今回の動画のご視聴、どうもありがとうございました。

オマケ

今日のオマケは、元気を取り戻したクマさんに拍手という事で、闇のクマさんの最新動画【ラトクリフレポートで状況は変わる!】焦るペロシ!どうしても欲しかったこの状況!「外国勢力が介入している証拠を公の場に晒す」これしか逆転の目はなかった!今こそ動けトランプ!を貼り付けたいと思います。



そして、今気付きましたが、カナダ人ニュースのヤマタツさんも元気を取り戻されたのかな? 2件動画が上がっていましたので、私も、この後拝見しようと、拝見する前に此処に貼り付けてしまいます。
2つ目のタイトルを見ると、かなりヤバそうですが…

【米大統領選挙】緊急事態 ビッグテックの暴走

カナダ人ニュース2021/01/08



【緊急事態の速報】中華人民共和国アメリカ省爆誕

カナダ人ニュース2021/01/08




政治ランキング



全般ランキング


"ワシントンからの情報は全て1月17日前後に注目と!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント