国境に壁を作る事で、不法入国を防ぎ、自国の利益を守った虎さん。梅はそれを無視?心配ない。HaranoTimesさんは言わないけれども、梅の話は抹消された

00000 国境の壁.jpg


噂では梅さんが就任式を前にして、州兵の身元調査まで始めたとか言ってますね。怖いんですね。虎さんがこの4年間でやっとここ迄造っていって、国境沿いの人たちの安全と治安を確保したというのに、梅はそれを台無しにする予定だそうで…。まぁ、このタイトルに書きました様に、HaranoTimesさんは、そんな裏の取れない話はなさらないので、仰りませんが、私は、梅のそんな予定は実現不可能だと思います。

そもそも、梅の祝賀式典そのものが、もう抹消されているんじゃなかったんでしたっけ。そういう情報がかなり流れてきています。そう仰っている方々は、結構ワシントンの本丸に近い所から情報を入手していらっしゃる…と私は思っています。

様々なYoutuberさんが質問を受けて応えておられます「国境付近にシーシーピーのカイホーグンが集結している」という件に関してのHaranoTimesさんの非常に理路整然とした解説には圧倒されました。
そんな高い分析力のHaranoTimesさんの新着動画をどうぞお楽しみ下さい。

トランプ大統領が緊急事態宣言を延長、メキシコ国境に集まる25万人民〇〇○について、今日ふっと思ったこと

Harano Times 2021/01/18




皆さんこんにちは。先日バイデンが自分が就任した後に、アメリカに居る1千万以上の不法移民に合法な身分を獲得出来るようにするという話をしました。

それで既に南米からの移民たちがアメリカに向って進んでいます。皆さんは既にニュースで映像を見たと思いますが、念の為、その映像のリンクを動画の説明欄に貼っておきますので(此処では太字部分)、未だ見てない方はご覧下さい。

今南米の移民にとっては、彼らがアメリカの国境迄着いた時は、調度バイデンが就任した後になりますので、その後は彼らが簡単にアメリカの国内に入れると考えています。

報道に依りますと、今アメリカに向っている移民が9千人以上いるそうです。その動画を観ると、日本人としてはなかなか想像出来ない位のスケールですね。

アメリカやカナダ等の国には、難民を支援する制度は確かにあります。どちらかと言うと政治的な問題で、自分の故郷から離れないといけない具体的な理由があって、自分の故郷に戻ると、確実に政治的な迫害を受ける理由があれば、アメリカで政治難民として残る事が出来るんですね。

又、国際条約に依りますと、合法的にアメリカの国境に入った後に、適切な理由で難民の申請をすれば難民を受け入れる国は、その難民を簡単に難民が来た国に戻す事が出来ないんですね。

この制度によってアメリカは世界の沢山の国から本当に政治的な迫害を受けた人を守る事が出来ました。

世界中の政治的な迫害を受けた人の中でアメリカに行けた人にとっては、それはとても有難い制度です。

ただ、この制度は段々濫用される様になりました。特にオバマ政権の時は、世界中で戦争が起きて、難民が増えてきました。それに連れて、特に南米からアメリカに入る難民の数がかなり増えたんですね。

世界地図を見れば分かりますが、ホンジュラス、又は、グァテマラ等の国の難民がトラックや徒歩でメキシコの壁を超えて、テキサス州、アリゾナ州、又はカリフォルニア州の国境からアメリカに入ってきます。

この様な大量の移民がアメリカに入っていくと、必然とアメリカの治安が悪化したり、犯罪率が増えたりします。

又、彼らがアメリカに入っていくと、安い賃金で働く事が出来ますので、自然とアメリカの国民の仕事を奪う事になります。

既に家を買って、毎月住宅ローンを返して家族で暮らしているアメリカの家族を例にしますと、男性がブルーカラーとして月5千ドルの給料を貰って、家族4人の生活を養っているとします。

大量な違法な移民がアメリカに大量に入っていくと、同じ仕事を千ドル、2千ドルでもやりますという人が沢山出てきます。

経営者からみて、安い賃金で働いてくれる人が居るなら、勿論、喜んでつかっていきますので、そのアメリカ人の男性が失業する事になるんですね。

そうなると、彼も安い賃金で働かないといけない事になりますので、必然と自宅のローンの返済が出来なくなって、銀行が彼の家を回収して、マーケットに安い価格で売りにいきます。

それと同時に、彼の家族の消費能力も減っていきます。アメリカの国民が自由に使えるお金が減ってしまった場合は、買物をしなくなります。そうなると、違法な移民を雇用していた経営者の売上も減る事になります。

この様にマイナスな循環が生まれてきます。これはただのとてもシンプルな例に過ぎないです。実は、この仕組みがもっと複雑ですので、ここではなかなか全部を説明する事が出来ないんですが、あんまりにも大量な違法移民が入ってしまうと、先ず、アメリカの経済に大きな打撃を与える事になります。

それ以外に国境から大量の違法移民が入ったり、出たりすると、必然と麻薬等のモノがアメリカに入ってくる事になりますし、今迄、よく話に出て来ました人身売買等の犯罪も増えてきます。

だからトランプ大統領は、自分が大統領になると、アメリカの国境に壁を作って、アメリカを守ると約束して、その約束を守りました。具体的なデータに依りますと、壁を作った周辺地域の治安がかなり改善されている様です。

今はあんまり報道されませんが、民主党の政治家も壁を作るという事を言った事がありますし、オバマも国境で壁を作るという話をした事もあります。でも実際にアメリカの国民の為に働いたのはトランプ大統領です。

トランプ大統領は壁を作るという事で、かなり批判を受けましたが、彼は自分はアメリカの大統領であって、アメリカの国民を守るのは自分の責任です。他の国の大量の難民が発生する事は他の国の政府がチャンと自分の国を改善すべきですと返してきました。

勿論、この問題については、難民ももっと良い生活を手に入れる、その動機がありますし、トランプ大統領も自分の国民を守る義務がありますので、ここでは必ず衝突が起きます。

この点について話をしていくと、かなり大きな話になってしまいますので、今日は触れない様にします。

ではバイデンが何故、自分が大統領になった時に、アメリカの違法移民にグリーンカードが取り易い環境を作るかというと、過去も私のチャンネルで皆さんに簡単に説明した事がありますが、もしこのアメリカの国内に居る1千万の違法な移民がチャンとグリーンカードをとる事が出来れば、彼らがいつかアメリカの国民になった時は、民主党に投票する確率がかなり高いです。

これは民主党にとっては、最も大きなベネフィットになります。この様なルールを作る民主党のトップは難民が簡単に行ける所には住んでいないので、彼等にとっては、唯一重要なのはアメリカ国民の生活ではなくて、彼らが獲得出来る投票になります。

この移民の件に関しては、又、時間があれば、少しずつ皆さんに紹介していきます。

バイデンが違法移民にチャンとした身分を渡すとした後に、今少なくとも9千人位の移民がアメリカに向って出発しました。

もし、彼ら全員がアメリカの国境に入ってしまった場合は、かなり大きな問題になります。だから、この事もあって、トランプ大統領は元々今年2月15日が期限だったアメリカ南部の緊急事態宣言をこれからも継続する事を正式に発表しました。

彼は少しでもアメリカの国民を守る為に、この緊急事態宣言を延長したんですね。

昨日から私の動画のコメント欄で、今、メキシコの国境周辺に25万の中国人民解放軍が次期大統領の就任式を目途にアメリカを攻撃する準備をしている事が本当かどうかという質問が多く来ています。

私も皆さんがコメント欄に貼っていた動画のリンクを確認して見ました。正直私も皆さん以上の情報を知りませんが、ただ私の常識範囲で考えると、その25万人の人民解放軍がアメリカの国境に居るという情報の信憑性が低いのではないかと思います。

何故ならこの数字があんまりにも大きいからです。例えば東京ドームにだいたい5万人入ります。満席になっている東京ドームの人を5倍にすれば、今噂になっているメキシコ国境にいる中国人民解放軍の人数になるんですね。

それ位の人が国境に居るとなると、彼らが単純に兵士だけでそこに集まるとなると、とんでもない事になります。

今のこの世界の戦争を考えれば分かりますが、単純に兵士だけで闘う事は有り得ないですね。それに付随して車やトラック、移動式のテント、又、皆さんが今迄動画で見た事がある1つの軍隊に必要な設備一式全部必要になるんですね。

今、沖縄に駐留している米軍の数を確認したら、米軍の家族を入れて、だいたい5万人弱になります。基地を節約して使っていますという前提で考えても、25万人を入れるとなると、今の沖縄の基地の2~3倍位の面積が必要になります。

これ程の人がメキシコの国境に集まっているという事になれば、アメリカの軍隊が何の反応もしないと言う事は、私の常識ではチョッと考え辛いなと思います。米軍の情報能力は世界トップレベルと言っても過言ではないです。

彼らが北朝鮮の山の奥に隠れている施設まで把握しているのに、自分の国境に集まっている25万人の人民解放軍に気付かない事は無いと思います。

アメリカ軍が気付かないと仮定した場合も、メキシコに25万人の人民解放軍が居るとなると、メキシコも黙っているとはなかなか考え辛いです。

今回の大統領選挙で、メキシコの大統領がトランプ大統領を最初から支持してきました。彼は必ずこの情報をトランプ大統領に伝えます。

後は、本当にこの25万人の人民解放軍がアメリカの国境に居ると仮定した場合は、トランプ大統領がその情報を知らない筈がないです。

そうなるとアメリカは既に戦争状態に入ります。勿論、敵が正式に迫ってきていないので、戦争状態に入れないのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、日本の海岸に25万人の中国人民解放軍の船が停まっているという情報があった場合は、日本政府も呑気に選挙をしている場合ではないと思います。

本当にそうでしたら、トランプ大統領はとっくに今の大統領選挙をキャンセルして、戦時下の大統領になって、普通に第2期目の大統領になれますので、今の混乱の状況を避ける事が出来たと思います。

勿論、ただこれは、私の常識範囲の話になりますので、もっと違う情報を把握している方がこの25万人の人民解放軍の情報を入手しているかもしれません。これはただの私の見解になります。

この25万人の人民解放軍が国境に居る事の可能性が低いと思いますが、CCPがアメリカを何らかの形で破壊と侵略をしたいというその動機は非常に強いです。これは本当です。

だから彼らは何十年間もの時間を掛けて、アメリカに侵透してきました。CCPにとって、今回のアメリカ大統領選挙では、彼らの大きな成果になります。

CCPはこの様な裏で汚い手段を使って侵透する事にはかなり強いですが、軍事面でアメリカを侵略するという所迄、まだ行けてないです。

彼等にアメリカを侵略する位の力があれば、とっくに台湾を侵略していると思います。

それでもいつ、どんな感じで敵が侵略してくるか分からないので、アメリカの国境の安全をシッカリ守るべきだと思います。

この動画の最後に、私が1月20日にトランプ大統領が再選するという前提で、今の状況を考えた時に思った怪しいポイントについて、皆さんにシェアしたいと思います。

これはあくまで、私が今の状況を見て思った事になりますので、ただの参考程度にして頂ければ良いと思います。

今回ワシントンDCに2万5万人以上の州兵が入る事になりました。ワシントンDCの現地の状況について、皆さんは既に他の動画で確認していると思いますが、そこ迄の警備をしていると、空から、又は地下からコッソリと攻撃して来ない限り、今の警備の状況では、ワシントンDCはかなり安全だと思います。

確かにアメリカの民兵がワシントンDCを攻撃するという話がありますが、彼らの計画は1万5千人の民兵が5千人ずつ分かれて違うポイントを攻めるとの話が出ていたんですね。

勿論、それは彼らが公開したプランで、普通は少しでも常識がある人なら、自分の攻撃プランとオープンに話さない筈です。

まぁ、それでも、彼らのプランをベースに考えると、1万5千人位の民兵がワシントンDCに入る予定でした。

既に退役した軍人や警察が自分が入手出来る限りの兵器を持って、ワシントンDCに入っても、2万5千人以上の現役の政府がバックアップしている州兵には勝つ事が出来ないと思います。

このポイントで考えると、ワシントンDCはかなり安全な場所にはなっていますが、しかし民主党がバイデンの就任式の規模を小さくしたり、リハーサルを遅らせたりして、又、就任式をオンラインに変えるという話も流れているんですね。

この点から考えると、今の民主党が私たちと1つの事について、同じ事を考えているかもしれません。

それはアメリカ軍がトランプ大統領の方に付くか、それともバイデンの方に付くかという事について、民主党もハッキリ分かってないかもしれません。

ペロシがこの前に、2回もアメリカの上層部と話をして、自分のリクエストが2回もアメリカ軍から拒否されたんですね。

この何十年間もアメリカの政治業界でやってきたペロシがアメリカの憲法について知らない筈が無いです。自分がアメリカ軍を動かせると思っていない筈です。

それでも彼女が2回もアメリカ軍の上層部に連絡したのは、彼女がただ、米軍の立場を探っている可能性もあります。

でも彼女が2回も拒否されてしまいましたので、民主党の中でも、米軍は誰の話をきくかについても不安に思っている可能性があります。勿論、彼女が米軍に連絡した事はオープンになったのが、この2件だけです。

オープンになっていない所で彼らが動いている可能性も勿論あります。もし本当に民主党ですらこのワシントンDCに集まっている州兵は誰の為に働いているのかを知らなかったら、多分1月20日に何かが起きてもおかしくないかもしれません。

これは、ただ私が今日のニュースを見て思った事になりますので、トランプ大統領に勝って欲しいと思ったその気持ちも入ってしまって、間違った分析になっている可能性もあります。

もし、他の意見があれば、是非、コメント欄に書いて、皆さんとシェアして下さい。

今日もかなり沢山のニュースが流れていますが、時間の関係で今日は此処迄にします。これからもこの様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では又、次回お会いしましょう。

オマケ


その① こんな面白い動画を発見しましたので、ご紹介!『米・メキシコ国境にピンクのシーソー 壁を挟んで子供たち遊ぶ



その② 恒例の石川新一朗さん動画で、【第77弾】現在のアメリカの状況についてです。



本日は令和3年1月19日 火曜日。只今の収録時間は午前8時40分でございます。今日のテーマは現在のアメリカの状況についてです。

現在ワシントンと電話メールで連絡が取れない状況が22日頃迄続く予定でございます。こうした中、ワシントンから米軍のインテルの高官へ送信した情報を入手して参りましたので、本日はご紹介をさせて頂きたい、この様に思っております。

そしてですね、英語をですね、機械和訳しましたので、少し分かり辛い部分もあろうかと思いますが、ご理解の程、宜しくお願いを致したい、この様に思っております。

1月18日月曜日、米国共和国は元の憲法に復帰し、国民に権力を返還します。それを実現する為にトランプ大統領からのメッセージで緊急放送システムがアクティブ化されている間、マスメディアとインターネットはオフラインになりました。

その間、EBSがアクティブになります。トランプ大統領は、「私の仲間のアメリカ人よ、嵐が私たちの上にある」と、この様なメッセージを送ります。

嵐は私たちにありますというメッセージに続いて、エアフォース1を通じて、彼から7つの大統領のテキストメッセージが送信されます。

それは私たちを完全な世界的な戒厳令の下におきます。そしてEBS経由の放送となり、8時間のビデオが1日3回10日間連続で放送されます。

この内容は軍事法廷で人道に対する罪で暴露されている著名なエリートや、個人のビデオ告白を含んでいます。

誰もがこれが重要である事を理解しなければならないので、10日間の期間中、十分な食料、水、電池、必需品を用意して下さい。

これは何年もの間、新世界秩序を確立しようとしていた世界的及び政治的エリートの悪魔崇拝子供犠牲グループであるカバルとして知られている者を破壊する為に計画されてきました。

2020年の選挙の直前、トランプは中国共産党がペロシや他の民主党と共謀して、選挙を盗んだという証拠をもって最高裁判所に提出した。

スコタスは憲法に従って、2020年の大統領選挙で外国からの干渉があった場合、それは無効であると宣言されるとの判決を下しました。

選挙以来、ポタスと軍隊は中国の共産党員だけでなく、イタリア、スペイン、ドイツ、カナダ、イギリスの共産党等がCIA事務所のドミニオン投票機を通じて、トランプの投票をバイデンに変更する事に関与したという証拠を沢山集めました。ドイツのフランクフルトで。

その結果、活発な闘争状態下での不正選挙は反逆罪と見做されました。軍はペロシや他の民主党のラップトップを押収しました。

これらのラップトップには、中国共産党と協力して、アメリカ国民に対して積極的に活動しているという証拠がありました。

ペロシと他の国会議員は、この反逆罪を犯して、彼らの権利と職務を失った。彼らは第14条改正のセクション3の影響もあり、最早、合法的な下院議員ではありません。

彼らは選挙を盗む為に、外国勢力を支援した。その結果、共和国の敵と見做されていました。

バイデン大統領就任式は最早ありません。数週間前に、大統領就任式パレードはキャンセルされました。

先週の金曜日と今日の就任式の予定されたリハーサルは起こりませんでした。10マイルの有刺鉄線のフェンスと3万人以上の州兵がキャピトルヒルド・ホワイトハウスを囲んでいました。

軍隊の使命は2020年の就任式を執行する事であると言われています。軍隊の間の噂は、トランプがアメリカ軍を終わらせ、共和国を建設しようとしていたというモノでありました。

軍隊は何千人もの上級部長、共和党と民主党、この両方からのキャリア政治家、ロビイストと小児性愛者を逮捕するでしょう。

1月20日水曜日以降、所謂「就任式」は政府によって閉鎖されると述べた。

世界中の反逆的な政治家、及び、世界的なエリートの大量逮捕に力を発揮するでしょう。不正投票に関与した犯罪は反逆罪、扇動、人道に対する罪を重ねました。

トランプが就任して以来4年間、全国の連邦裁判所に22万から50万の封印された侭だった起訴状が提出されました。

起訴状は封印解除され、提供され、ディープステートは全国の最大4百都市で逮捕されました。

逮捕されたリストの中には、バイデン、オバマ、ハリス、チェイニー、ジョン・ロバーツ裁判長が含まれていました。

1月20日水曜日に、バイデンの背後にいる人々が、マスメディアと共に、偽のバーチャル就任式を作成し、実行する可能性があります。もし、その様になったら、その報道から12時間以内に、マスメディアは永久に放送が出来なくなります。

トランプ氏は先週次の様に述べています。

「私はABC,NBC, CBS,FoxNews,CNN,MBCのプロパガンダメディアを報道から外す為、大統領令を計画しています。又、FCCと協力して、ライセンスを取得しています。これらのメディア組織は、全て中国共産党のエージェントと、左翼とディープステートをサポートする目的の為、世論を洗脳し、催眠術をかけ、世論を導く事を唯一の目的とする為に、CIAエージェントを採用しているという証拠があります。

反逆的なマスメディアが、実際に放送局で起こっている事を隠蔽し続けるならば、放送電波から外されるでしょう。

その後、EBSがアクティブ化される予定とし、十日間のエリアダークネスが計画されました。映像が流されている間、世界中で50万以上の人々が逮捕される予定です。

この繰り返しの映像は、考えられない犯罪であり、この情報が信頼出来ると考える人々が少ないので、殆どの人間にとって、非常に苦痛です。

全てが完了する迄、住居を離れる事が許されない事をご理解頂きたい。そして歴史のこの瞬間に私たちはネセラゲセラに移行します。

地球の完全な再編成があります。この間、メディアとインターネットが閉鎖される事は、私たちは理解しています。これはトランプ大統領からバイデンへの移行ではありません。

これはトランプ大統領が軍隊と協力して物事を権利を人民に戻す事を構成した移行です。これでフリン将軍が赦免された理由が分かりました。

私たちは人類が嘗ての権力の制約から解放される全く新しい未来に向かっています。ついに、人々の間で分裂の無い世界が出来るでしょう。


以上紹介させて頂きました。以上の内容から、従ってですね、以上の状況によりですね、1月20日の就任式は約1ヶ月程度延期とされておりますので、皆様にご理解の程を宜しくお願いを申し上げる次第でございます。

そして最後に中国の人民解放軍が25万人の兵力を南部国境付近に7万5千人、カナダ国境付近に、又、メキシコにも展開しているとの情報があります。

これら中国の軍隊が我が国に、アメリカに一歩でも踏み込んだ瞬間、一網打尽される事でしょう。…という事を述べさせて頂きまして、本日の報告とさせて頂きます。

最後迄ご視聴頂きまして、誠にありがとうございます。

いつもと同じ様にイねボタン、そしてチャンネル登録を宜しくお願い致します。

それでは石川新一朗、いつもいつも視聴者の皆様に感謝申し上げている所でございます。

それではいつもと同じ様に進めていきたいと思います。皆様是非ご唱和頂けらた、すごく嬉しいワケでございます。宜しくお願い致します。それでは参ります。それでは最後に トランプは絶対に勝つ!


政治ランキング


全般ランキング

"国境に壁を作る事で、不法入国を防ぎ、自国の利益を守った虎さん。梅はそれを無視?心配ない。HaranoTimesさんは言わないけれども、梅の話は抹消された" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント