リンウッドさんの投稿が凄い!全て暴露していっています

000000 cover.jpg


チームトランプ最新情報 チームトランプ テレグラム情報

トビキング2021/01/21
 


今夜はですね、リンウッドさんのテレグラム上の投稿2つの内容をお伝えします。

リンウッドさん、かなりの数、投稿されていまして、その中で重要と思われるモノを2つに絞ってお届けします。

00000 ライブ就任式が11時間前にスペインで放映.jpg
先ずですね、サイモン・パークスさん、ティアナ・イスラムさん、チャーリー・ワードさん、デイビット・ニノ・ロドリゲスさん、この4人の方の写真を載せられていて、コメントとして、

「バイデンのライブ就任式が11時間前にスペインで見られましたか?驚いた。」
「それとも バイデン、カバール、中国の詐欺ですか…..」とコメントが付いておりました。

続きまして、
00001 リハなしでスムーズ.jpg
「今日のバイデンの就任式はリハーサルが無かった事を考えると、あまりにもスムーズに行ったと思いますか? それとも私だけですか? まるでハリウッド映画を観ている様です….」

「州兵によって建設された全てのフェンスは、どこにありましたか?」というコメントをされて、その下に The martial Report というですね、レポートを載せていらっしゃいました。

で、チョッとこの  The martial Report の内容についてですね。まぁ、抜粋をしてお届けします。
00002 全てのフェンスは、どこ.jpg
ワシントンDCはフェンスで囲まれており、大統領はホワイトハウスに戻る事は有り得ません。しかし、あなたが考えているかもしれない理由の為ではありません。恐れる事はありません。

新しい国会議事堂が建設される。
所得税が廃止される。

1871年に政府によって、アメリカ合衆国を会社にした。バチカンからの融資により、設立された企業体が人々を支配した。

トランプがホワイトハウスを出た後、外国の支配者が主権国を支配する事は不可能である為、DCはロックダウンされます。従って外国の支配者は、ロックアウトされなければなりません。

この場合、それは新しい政権になります。これで私たちが2番目の革命にあるというリンウッドの叫びの意味が分かります。

その後ですね、テンプル騎士団との名前のある記載がありまして、結論っていう事で、ワシントンDCは現在、アメリカの地にある外国。

バチカンからの融資で設立された。現在、バチカンやらドイツ、イタリア、中国等の干渉した他の外国と共に、米国憲法前文の選挙を妨害したとして、沈黙の戦艦となっている。彼らは今や、国家の敵であり、彼らの資産は押収されるでしょう。

私たちの軍隊は、投票者の不正に全ての目が向けられている間に、私たちが目撃した様に、既に巨人を倒しています。

まぁ、この今の内容は、この The martial Report という所に書かれていた内容になります。以上お届けしました。Yes I did it.


詳細



バチカン市国がローマやイタリアの一部ではないように、ロンドン市(グレーターロンドン内の1平方マイル)は技術的にはグレーターロンドンやイングランドの一部ではありません。

同様に、ワシントンDCは、それが管理する米国の一部ではありません。

これらの3つのエンティティには、1つの目標があります。それは、主権国家の旧世界秩序を廃止し、カバールの鉄拳の下で1つの政府規則の下で新しい世界秩序を導くことです。
00003 3つの都市国家の三位一体.jpg
これらの主権のある企業体には、独自の法律と独自のアイデンティティがあり、独自の旗もあります。以下に見られるのはワシントンDCの旗です。都市の帝国としても知られる、これら3つの都市国家の三位一体を表す3つの星に注目してください。 (3番には難解な意味もあります。)

米国の連邦準備制度と同様に、米国、カナダ、英国の政府はすべて国王の子会社です。英国の与党モナークも国王に従属しています。グローバルな金融及び法制度は、ロンドン市から国王によって管理されています。

グレーターロンドンの中心を構成するスクエアマイルは、少なくとも目に見えるレベルでは、世界的な権力の座です。

ワシントンDCは、1871年の法律の成立により、1871年に都市国家として設立されました。この法律は、それ自体がロンドン市に従属するワシントンの支配下で、米国を法人として正式に設立しました。

企業は大統領によって運営されている為、この国で最も権力のある人物と見なされている人物を「大統領」と呼んでいます。

事実、大統領は、この国を実際に支配し、最終的にはショットを呼ぶ中央銀行家と多国籍企業(どちらも高教会のフリーメーソンによって支配されている)の船首像にすぎません。

ワシントンDCは、ローマ法のシステムの下で、米国憲法によって確立された制限の範囲外で運営されています。グローバル主義者の支配の不聖な三位一体:バチカン、ロンドン市、ワシントンD.C. –(awakeandaware.ca)
00004 dc and vatican flags.jpg
教皇領は、20世紀の変わり目頃のアメリカ合衆国の崩壊から現在まで、教皇の直接の統治下にある旧アメリカ合衆国の東海岸の領土です。教皇領はチェサピーク湾の地域大国の1つであり、ワシントン市とその周辺地域の多くを支配しています。

ワシントンの外にあるいくつかの町、男爵領、その他の所有物も教皇によって所有されており、教皇に直接敬意を表する複雑な所有物のネットワークを形成しています。

教皇領は旧米国から生まれ、現代世界からは古代帝国と大陸の産卵政府と見なされていました。ワシントンでの激しいクーデターの後、教皇領はチェスター・ヘイル・フィッツジェラルドによって設立され、後にユニオニズムとなる新宗教の信念に基づいて構築されました。

しかし教皇は、彼の権力はアメリカ帝国に由来すると主張おり、アメリカ帝国は、偽造されたアメリカ帝国の法令であるリンカーンの寄付を通じて、最初の教皇に帝国に対する完全な権力を与えたと思われています。

それ以来、この文書は、教皇庁による政治的権威の主張を支持するために使用されてきました。

あなたの歴史を知って下さい…もっと読む:https://althistory.fandom.com/wiki/Papal_States_(Days_After_Chaos)

00005 city of London flag.jpg
では、これら3つの都市は最終的にどのようにつながっているのでしょうか。 まず、テンプル騎士団と彼らの最初の200年の権力の統治に戻らなければなりません。 これはロンドン市の旗に見られます。 ここですべての外国の実体の旗について読んでください

結論:ワシントンD.C.と呼ばれる企業は、現在、主権国家のアメリカの地にある外国の実体です。 これは、D.Cが都市国家とこの企業体に移管された時に、バチカンからの融資によって設立されました。

現在、米国憲法前文の選挙を、バチカンやドイツ、イタリア、中国などの干渉した他の外国とともに妨害したとして、支配下にあります。

彼らは今や国家の敵であり、彼らの資産は押収されるでしょう。 私たちの軍隊は、投票者の不正にすべての目が向けられている間に私たちが目撃したように、すでに巨人を倒しています。

今、世界に激震が走っています。

(※申し訳ございません。このブログを作成している時点で、以下の驚愕の出来事の数々のリンクは全て削除されてしまいました。少なくとも、今回の虎さん達のチームが闘っている相手は、実はディープステート等の世界中の”邪”なので、例えリンクが剥がされても、これらをご覧になれば、如何にこの地球に巣くっている魔界であるかをお伝え出来たと思います)

イタリア政府は辞任しました

ポーランド政府は辞任しました

プーチンを除いてロシア政府は辞任した

300人のイタリアの政治家と警察がイタリアのマフィアとともに起訴

クウェート政府全体が辞任しました

オランダのオランダ政府が辞任

ドイツのアンゲラ・メルケル首相が辞任

マレーシア政府が辞任

バロンベンジャミンデロスチャイルドは57歳で亡くなりました

エストニアの首相が解雇された

機密解除されたオバマゲート文書–犯罪的な事実が満載

ワシントンDCの25,000以上の州兵と軍隊、および10の州議会議事堂が警備され、封鎖されました

封鎖とパニックに陥ったワシントンDC
00006 チューキョーがいる.jpg

アメリカ合衆国の就任式に出席しているのは誰ですか?
00007  バイデンのボディガード.jpg
中共がバイデンのボディガード。中共が奴らの資産を保護している。
00008 国会議事堂のドーム.jpg
そして、神格化(神の階級に上がる)議会議事堂のドームの中のガガを見てください。

建国の父がギリシャとローマの神々を円形建築のドームに描くことを許可したと本当に信じていますか?

アルテミスの自由の女神がドームにいると思いますか? ジョージ・ワシントンは、国会議事堂のドームでバフォメットを装った彼の像を神格化することを望んでいたと思いますか? すべての答えはノーです!

国会議事堂の敷地全体は、秘密結社によって、彼らが従う神、バアルの子供たちの犠牲を称える五芒星の形で配置されています。

悲しいですが真実です。 隠されているモノは全て明らかにされなければならないのです。

アメリカを最初に確保する義務はポンペオを終わらせることはありません
00009 america 1st.jpg
だから、辛抱強く、トランプが言ったことを覚えておいてください、最高の時はまだこれからです。

そして、これが沢山のガラクタだと思う人の為に、叙事詩映画「風と共に去りぬ」の有名な一節を引用させて頂きます「ハッキリ言って、俺の知ったことか!」
00010 おじじの演説.jpg
その会社(アメリカ株式会社)の新しいウェブサイトnaysayers google antifa.comが何故、アンフィファに関係があるんですか?お分かりですね。
この嵐が吹き抜ける間、神があなた方一人一人と一緒にスピードを上げ、父なる神の万能な手の中で皆の安全を守りつつ、仕事をして偉業が達せられるでしょう!

ダイアンマーシャル

このリンウッド弁護士の投稿と、それにくっついていた The martial Report も、BBニュースさんが取り上げていらっしゃいますので、こちらに貼り付けておきます。

新共和国初代大統領選挙】ワシントン情報 + リンウッドさん情報!就任式(株)と地球上の黒幕 ファルネーゼ家『ペンタゴン型宮殿の関係性』新共和国大統領選挙とNESARA・GESARA!【BBニュース】
BBニュース『時事.政治.国際問題』2021/01/22




政治ランキング



全般ランキング

"リンウッドさんの投稿が凄い!全て暴露していっています" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント