プーさんが証拠隠滅したのは世界中の共通認識(✧≖‿ゝ≖) 証拠を消滅、567の事実隠蔽そのモノが有罪( `Д´)ノ

00000000 ポンペイオ演説.jpg

ポンペオさん
「C○Pのリーダーが海外に隠している資産を没収せよ」、
まさか!台湾のことで、ファーウェイが米国議員を制裁!

Harano Times 2021/06/09


皆さん、こんにちは。もしこの動画をクリックした理由が、あまりのも衝撃性があるサムネイルでしたら、スミマセン。正直、ニュースとして取り上げる程の事でもないんですが、あんまりにも面白いので、皆さんに紹介しようと思いました。

今日の動画でアメリカの上院議員がアメリカの輸送機に乗って台湾に行った事、又、C〇Pがそれに対して沈黙を続けている事に対して、皆さんに紹介しました。

C〇Pは沈黙していますが、C〇Pの傘下にある企業ファーウェイが立ち上がりました。アメリカの議員が台湾を訪問した事に対して、ファーウェイの新しいシステム、ハーモニーの責任者が6月7日に台湾を訪問した3名の上院議員が、中国のレッドラインを踏みました。

民族企業として、国の統一を守る為に、その3名の上院議員を一生、ファーウェイのハーモニーOSを使えない様に制裁をすると発表しました。

この話は中国のグローバルタイムズと言っている立場があるメディアがビッグニュースとして報道していましたが、後で、その記事が削除されました。

このハーモニーOSというのは、ファーウェイがアメリカの色んな制裁を受けた後に、自分の携帯等のシステムを開発するという目的で開発したシステムなんですね。

でも、技術業界で誰もが知っていることは、このシステムはアンドロイドのシステムをパクッて作ったモノです。ファーウェイがその3名の議員が一生、このシステムを使ってはいけないと、厳しい制裁をかけました。

しかしC〇Pがそれを見て、恥かしいと思ったかもしれません。その報道が削除されてしまいました。

ファーウェイの制裁に対して、C〇Pは既にやるべき事をやったので、ここでは、これ以上、コメントはしません。では、今日の本題に入ります。

6月7日にポンペイオさんはワシントンポストで、もう1人の政治家とオピニオンという形で、共同記事を出しました。

その記事の中で、ポンペイオさんは、C〇Pは国際社会、民主国家から強く反撃されるべき違法行為、不正行為をした。だからバイデンに国際社会と一緒になって、C〇Pと対抗する様にと呼び掛けました。

この記事の目的はかなり明確です。今のこのタイミングで、アメリカ政府、アメリカの国民と国際社会に、これから中国に対する責任の追及等の準備をする様に呼び掛けています。

彼の話をもう少し細かく見ていくと、「そのウィルスは海鮮市場から出てきたにしても、実験室から漏洩したにしても、C〇Pが非常に無責任である事を表している。

C〇Pはその状況を知らない人を感染エリアに行かせたし、感染者が世界各地に行ける様にして、病気を全世界にばら撒いた。

又、他の民主国家のリーダーが非公式の場で言っている様に、どの責任ある国もこの様な酷い事をしない」と言いました。

ポンペイオさんのこの話を見ると分かりますが、彼だけではなくて、沢山の国のリーダーも、非公式の場でC〇Pに対して、批判的な態度をとっているんですね。

沢山の国のリーダーがC〇Pに対して、批判的な態度をとっているので、アメリカが調査を始めると言った後に、沢山の国が協力をしているかもしれません。

その記事の中でポンペイオさんは、「調査の結果はどうであれ、C〇Pは十分過ぎる無責任な事をしたので、全世界の民主国家は強く反撃すべき」と言いました。

又、ポンペイオさんは「アメリカ1国、又は他の国と連合して、中国に対して、制裁をすべき。もし、C〇Pが世界各国に対して、責任を負わなければ、この世界もC〇Pのリーダーが海外に隠している資産を守る必要はない」と言いました。

又、「中国の国営企業や違法な商売に対して、賠償を求め、中国の企業、組織に対する優遇を減らすべき。これらの措置を段階的に実施する必要がある。

その為に、外交にも時間を与える必要があるし、新しいルール、新しい協定、場合によって、新しい法律も必要になるかもしれません」と言いました。

その後に、ポンペイオさんは「これは公平ですか?」と問いかけました。つまり、中国にこの様な措置をとる事は、正しいですかという意味ですね。

彼はその問い掛けに対して、「アメリカでは証拠を消滅して、事実を隠蔽する事を有罪と考える」と言いました。

彼のこの言い方から分かりますが、中国が証拠を消滅して、ウィルスの事実を隠蔽している事自体を、有罪と考えているんですね。

中国が証拠を全部消滅したと思われている今、中国がこの様なことをしても、自分の責任から逃げる事は出来ないという事を言っているんですね。

実は彼が言っている話の中で、最も中国C〇Pに刺さる話は、「この世界は、C〇Pのリーダーが海外で隠した資産を守る必要がない」という話です。

この話を見て、さすがポンペイオさんだと思いました。ポンペイオさんが国務長官だった時に、初めて中国、中国人、中国共産党を分けて使い始めたアメリカの上層部でした。

勿論、それを提案したのは、中国戦略の主席顧問であるユイさんです。ポンペイオさんがこの3つの単語を使い分けた後に、C〇Pがかなり心配していました。何故なら、C〇Pはよく自分と統計上の14億人の中国人と一緒にして話をするんですね。

まるでC〇Pは本当に中国人によって、選挙で選ばれた様な言い方で話をします。又、愛国=愛共産党という考え方を幼稚園から中国の国民に対して、洗脳していきます。

だから中国人が初めて海外に行って、海外でC〇Pの悪口を聞くと、「なんで中国を悪く言うんですか?」と怒るんですね。それは彼らがそういう教育を受けたからです。

彼らは国とその国の政治をコントロールしている政党の間の差について認識をしていない事が多いです。

だからC〇Pはあんまりにも偉い存在になります。ポンペイオさんはC〇Pと中国、中国人を分けて、使う事によって、アメリカ政府がそういう認識をしてる事をアピールしているだけでなく、アメリカがそういう使い分けをし始めると、国際社会もそれに合わせて、使い分けをし始める流れを作る事が出来ますので、いつかその様な考え方は世界中の民主国家で一般認識になっていくんですね。

C〇Pを中国、中国人から切り離して考える事が出来れば、更に一歩進んで、C〇Pは犯罪組織であるという認定をする時も、やり易くなります。

C〇Pは自分を盾にして、国際社会で利用してきた中国人のカードを失くしてしまうと心配して、中国共産党と中国人を分けて考えてはいけないと宣伝をしていました。

ポンペイオさんが言っている、「この世界はC〇Pのリーダーが海外に隠している資産を守る必要がない」という言い方はC〇Pが海外に隠している資産を没収しても良いという言い方になるんですね。

C〇Pが今回のウィルスの件で、責任を取らなければ、彼らのリーダーが海外に隠している資産を没収するという提案は、C〇Pの上層部にとって、かなり刺激的な発言になります。

実は海外の巨額の資産を隠しているのは、C〇Pの上層部だけではなく、普通の官僚もかなり居ます。彼らは中国国内で賄賂をもらったり、違法な方法で貰った資産を、海外に移します。

特にアメリカの様な、個人の資産を守ってくれる国は彼らにとって、優先的に考える国になるんですね。勿論、スイス等の国もありますが、その国ですと、やはり金額も桁が違ってきますので、単純にC〇Pの官僚の頭数で考えると、アメリカにお金を置いているC〇Pのメンバーの数が圧倒的に多いと考えられます。

C〇Pの党員、または彼らの家族にビザを発行しない、入国させないという事が出来る位、アメリカが必要な情報を持っていますので、C〇Pの中で、特にC〇Pの上層部の中で、アメリカにどれ位のお金を置いているか?何処に置いているか?どんな資産を持っているか?等の情報を調べようとすると、かなり簡単です。

ですので、ポンペイオさんのこの言い方は、バイデン政権、又は、他の国の政府に対して言っている事だけではないんです。

彼はC〇Pの人に対して、このメッセージを発信している可能性があります。

C〇Pのトップが責任を持って、この件に対応しないと、C〇Pのメンバーが海外に置いている資産が没収される可能性があるというプレッシャー的な言い方にもなるんですね。

それで自分の海外にある資産を守る為、又、中国から出て欧米の様な自由な国で生活したいと思うC〇Pの上層部が、アメリカに亡命して、自分が知っている情報をアメリカの関連機関に伝える可能性すら有ります。

今迄、米中関係が良かった時に、儲かってきたC〇Pの上層部の中に習近平が嫌いなひとがかなり居ます。彼らにとって、習近平と一緒に、そのC〇Pという沈没するその船に乗って、習近平と一緒に自殺する必要は無いんですね。

だから、、もし、アメリカが本当に、C〇Pの個人の資産を没収するというメッセージを強化して、今後も繰り返して出していくと、アメリカに亡命する人が未だ出てくるかもしれません。

又、ポンペイオさんはこの記事で、「C〇Pは必ず、強く反発する。彼らはサプライチェーンを壊す。個人や企業を罰する等の事で、民主国家の陣営を混乱させる事を狙う筈。だからバイデン政権はC〇Pの反発に対抗できるようにすべき」と言いました。

中国C〇Pが病気を拡散した責任から逃れてしまうと、彼らには、もう、怖いモノがなくなってしまう。彼らは更に、ボトムラインを無くす事になる。だから、バイデン政権は民主国家と連盟を作って、C〇Pが危険なウィルスを作る事をやめて、ウィルスの起源の調査に協力をしてもらって、被害を受けた国に必要な賠償を払ってもらうべきと言いました。

このポンペイオさんがワシントンポストに出した記事を見ると、彼はアメリカ政府又は世界中の国に、これからC〇Pに対する責任の追及と、C〇Pからやってくる筈の反発に準備をする様に呼び掛けています。

この病気の事について、最も情報を把握している1人としては、彼がこれから起きる可能性がある事について、記事を出したもしれません。ですので、アメリカ政府がこれからどの様な方法を使って、病気の起源の調査と責任の追及をするかを引き続き、見ていきたいと思います。

次の動画では、全外の動画で、バイデン政権が習近平を降ろして、C〇Pを残したいという仮説に対する話の追加説明をします。

今回の動画で話をしたかったんですが、話が少し長くなってしまいましたので、別の動画にしてアップします。

これからもこの様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。では、又、次回、お会いしましょう。


政治ランキング


全般ランキング

"プーさんが証拠隠滅したのは世界中の共通認識(✧≖‿ゝ≖) 証拠を消滅、567の事実隠蔽そのモノが有罪( `Д´)ノ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント