AUKUS…最近Quadが出来たばかりなのに「屋上屋を架す」様なこの動き◆ファイブアイズの仲間ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が「オーストラリアの原子力潜水艦の自国海域への侵入を禁止」と声明を発表◆対中国でガッチリと結束しないといけない筈の海域でチョッと微妙な動きや空気が…

0000009172021 AUKUS.jpg

原子力潜水艦だけではないはずの新しい軍事同盟AUKUS、
各国の思惑

Harano Times 2021/09/17



皆さん、こんにちは。9月15日、バイデン、イギリスの首相ジョンソン、オーストラリアの首相モリソンは同時に発表会を開催して、3ヶ国が先進の技術を共有する新たな安全保障パートナーシップAUKUSを提携したと正式に発表しました。

バイデンはこのパートナーシップについて、これはこの3ヶ国の新しい安全保障、軍事パートナーシップと言いました。今後、各自の長所を利用して、同盟が今直面している今後直面する脅迫に対応する事に協力する。

インド太平洋エリアの平和と安定を維持する事はとても重要である。新しいパートナーシップはアメリカの主要な欧州の仲間がインド太平洋エリアで能力を発揮できる様になると言いました。

イギリスの首相は、今回のパートナーシップは昔の友情に新しいモノを足したモノになる。このパートナーシップは、この3つの英語圏海上民主国家の繋がりを強化し、日々複雑になっている情勢に専念して、繋がりを強化すると言いました。

オーストラリアの首相モリソンは、パートナーシップを新しいレベル迄上げないといけない。我々は似ている価値観を持っているが、日々複雑になっている国際情勢で、新しいチャレンジに対応する為に、インド太平洋エリアの安全と安定を実現させる為に我々はパートナーシップを更に新しいレベルに上げるべきだ。

オーストラリアは潜水艦を製造する分野で、アメリカ、イギリスと密接に協力し、オーストラリアで新しい潜水艦を製造する。でも、オーストラリアは核兵器の開発を行わないと言いました。

3人の最初の発言が終わった後に、ホワイトハウスで簡単な説明会が開かれました。ホワイトハウスの担当者は以下のいくつかのポイントを伝えました。

先ず、これから1年半の間に参加国が各自の最も先進な技術をお互い共有する様にする。

又、オーストラリアが原子力潜水艦を開発する事に協力をする。その原子力潜水艦に核兵器を装備しない。原子力潜水艦はオーストラリアの海軍の力の向上に貢献して、巡航期間をもっと長く、騒音をもっと少なく、能力をもっと高くして、インド太平洋エリアでの抑止力を強化する事が出来る。

原子力潜水艦の技術はかなり敏感で、今迄はイギリスにだけ共有してきたが、これからオーストラリアとも共有していくと説明をしました。

今回のこの発表と説明の中で、中国という単語が1回も出ていないんですが、でも、今、一般的にこの3ヶ国が一緒になって先端技術を共有する事の目的は中国がインド太平洋エリアで拡張している事に対抗する為だと思われています。

勿論、今のタイミングでこの3ヶ国が新しい軍事連盟を作って、軍事力の強化を図る目的は中国である事は間違いないと思いますし、この3ヶ国の交差点を見ると、やはり中国に焦点が集まる事になります。

でも、この軍事同盟のスタートポイントは原子力潜水艦ですが、この軍事同盟は原子力潜水艦で止まる筈がないです。

その理由はオーストラリアは確かに国土面積が広いんですが、でも、そこまで多くの人口を持っていないです。オーストラリアにとって、大きな海軍兵力を維持する事は、そこ迄簡単な事ではありません。

又、オーストラリアがどうしても原子力潜水艦が欲しい、必要となった時に、最も手っ取り早い効率的な方法はアメリカから購入する事です。アメリカの軍事産業が販売とメンテナンスで儲ける事が出来ます。

でも、今回、アメリカはその開発・生産の技術迄全部オーストラリアと共有する事になりました。ですので、この原子力潜水艦はどうしても計画の一部にしか見えないです。

この3ヶ国が中国と対抗する為に集まった場合、具体的な政策を打ち出さないといけません。その政策は原子力潜水艦で止まる筈はありません。でもその3ン員が発表会で具体的な話をしたのは、潜水艦の話だけですので、未だ外に公表していない内容がある筈ですし、それが重要な部分ではないかと思います。

もし、本当に潜水艦の技術移転の為だけに、この組織を作ったなら、少し大袈裟な事になります。軍事同盟ですから、具体的な事を言わないのが当たり前ですので、その部分については、これからの動きを見ていく必要があるかも知れません。

又、何故、ファイブアイズの仕組みでこの事を進めないで、新しい枠組みを作るのか等の問題が出てきます。今、アメリカの同盟を見ると個別の国との同盟を除いた場合、NATO,ファイブアイズ、又最近できたQuad(クアッド)もそれに近いモノになります。

そこにこのAUKUSが出来たという事は、この連盟には他の目標がある。ここでしか共有出来ない技術があるという事です。ですので、これからこの同盟の具体的な動きを見る必要があります。

中国外交部はこの事について、「この事は地域の安定に良くない。冷戦の考え方をやめるべき」と反応しています。これは中国側のマニュアル通りの反応です。但し、習近平は「闘争」「闘争」と毎日言っているから、他の人が対立する冷戦の考え方を持つ様になるのも可笑しくないです。

今は過去と違う新しい形の冷戦になりますので、過去の冷戦の考え方だけでは足りないです。

では、この組織が出来る事で組織の目的を達成する事以外に、この3つの国に対して、個別にどんなメリットがあるかについて話をしますと、先ず、オーストラリア。

オーストラリアは欧米各国の中で反中国共産党の最先端にいっていると言っても過言ではないです。ウイルスの拡散の問題で、中国に対して調査を行うべきと最初に声を上げたのがオーストラリアです。

その後に、中国は貿易面、経済面で、オーストラリアに事実上の制裁をしてきました。それでオーストラリアは経済面でかなり打撃を受けましたが、でも、他の国との貿易を色々拡大して、今は、中国との貿易で減った部分をカバーできる位迄きています。

でも逆に、中国はオーストラリアから鉄鉱石等の輸入を減らした為、中国の経済がダメージを受けています。それでも中国はオーストラリアと関係を改善する意思がないんですね。

先日、オーストラリアの首相モリソンは中国と一緒に座って話をしたいというメッセージを出しましたが、今の所、習近平んはそれに応じていません。

それ以外にオーストラリアは台湾有事の時に台湾に協力するメッセージを出した事がありますので、近いうちに中国との関係が改善する見込みが小さいです。

ですので、この様な同盟関係に入って、自分の中国と対抗する力を上げる必要が出てきます。

もう1つとても現実的な理由は、オーストラリアは元々フランスからディーゼル潜水艦を購入する予定でした。しかし、その計画の予算が予定以上に増えてしまい、又、納期がかなり後ろにズレてしまいましたので、この機会を利用して、普通の潜水艦の7倍の走行時間を持つ原子力潜水艦とその製造技術を手に入れて、早めに実戦に使う事は、オーストラリアにとって良い事です。だからオーストラリアはフランスとの契約を止めて、これに切り替えています。

イギリスにとっては、EUから離れた後、やはり積極的に自分のネットワークを拡大していかないといけないです。ですので、この様な同盟はイギリスにとって国際政治での影響力を更に増やす良い機会になります。

又、香港の事もあって、イギリスは中国と今後対立する時の事を考えて、自分のパワーを上げる必要がありますので、この様な軍事連盟に参加する事は重要な事になります。

今迄、イギリスが香港の事で、中国とシッカリ対立しなかった事はとても残念に思いますが、もし、今後中国と対立する事を考えているなら、この様な同盟があれば力になります。

最後はアメリカ。アメリカにとて、オーストラリアが原子力潜水艦を持つか持たないかはアメリカの国際戦略に大きな影響が無いと思います。

何故なら、アメリカは既に50隻の現役の原子力潜水艦を持っていますので、中国と対抗する事を考える場合、50隻は足ります。ですので、今回の事は、アメリカにとって、バイデン政権の同盟と関係を作る外交戦略の延長戦である可能性が高いかもしれません。

だから今、最も反C〇Pの事で先に行っているオーストラリアに原子力潜水艦の技術を渡す事にしたかもしれません。

勿論、中国と対立する時に、この新しい同盟が無くても、この3ヶ国は一緒に叩かく筈です。それでもこの同盟を作るのは、自分の政権の成績にしたいというイメージが強いです。

又、アフガンの事でアメリカは同盟の中でかなり信用を失いました。この同盟を作る事で自分は同盟を重視しているという事をアピールして、信用を挽回する事を考えているかもしれません。

ただ、この同盟を作るとなると、時間が掛かりますので、アフガンで混乱が起きる前から既にこの話があったと思いますが、その進捗が速くなったに違いないです。

この組織が出来た目的は中国である事は間違いないんですが、その具体的な戦略、政策については、又、これからの動きとこれから出てくる新しい情報wぉ確認する必要があるかもしれません。

この事について貴方はどう思いますか?是非、コメント欄で皆さんとシェアして下さい。これからもこの様な話をしていきますので、ご興味のある方は、是非、フォロー、コメント、拡散をお願いします。又、このチャンネルを応援して頂ける方は、是非、メンバーシップもご検討下さい。では、又、次回、お会いしましょう。

ご参考までに、このAUKUSに関して参議院議員青山繫晴氏のご意見を氏のブログ
On the Roadより
ご紹介!
2021-09-17
AUKUS、いま世界の話題の米英豪の新しい同盟です  日本も、もしも高市政権なら加盟の検討があり得るでしょう

▼たった今、そのように、海外の知友と話しました。
 水面下の対話ですから、深いところまで踏み込んで議論しました。その中身は、この無条件で公開しているブログでは記せません。
 しかし日本の主権者が知るべき、理解された方がいいポイントを下掲します。

▼AUKUS ( カタカナ読みではオーカス / Australia,UK and US ) とはなにか。
 ひとことで申せば、核兵器を持たないオーストラリアにも原子力潜水艦を持たせて、中国海軍が南シナ海の海中覇権を奪おうとしていることを阻む試みです。

▼そこには、南シナ海だけではなく、東シナ海でも中国の海中覇権を防がねばならないという戦略思想があります。
 安全保障の専門家のひとりとして、加盟を望みます。
 新政権が高市政権になるのなら、すくなくとも加盟の検討は水面下で始まるでしょう。
 他の候補の政権なら、うーむ、まだ総裁選のテーマになっていないですから断言は慎むべきですが、積極姿勢をとるとは、とても思えません。

▼中国は早速、烈しく非難しています。
 中国の野望にとって大敵になるという証左です。

 今回の総裁選は、中国共産党の独裁が、日本を含めアジア太平洋地域に拡がるか、それを国際法に基づいて阻むか、その分岐点です。
 この意味でも、重大な総裁選となっています。

「青山繁晴チャンネル☆ぼくらの国会」の次回収録で、しっかり解説したいと考えています。ただし、このブログと同じく、無条件の公開情報の範囲内です。

▼それにしても、裏切られたフランスは気の毒ですが、気の毒という次元の話ではありません。
 中国共産党は必ず、フランスの激怒と焦燥を利用しようとします。

 フランスが裏切られたのはどういう意味か、なぜ裏切られたか。
 ぼくの睡眠時間を心配なさるひとが多いですから、それは、動画収録の際に話すことにします。
 みなさん、ご心配に深く感謝しています。



政治ランキング


全般ランキング

"AUKUS…最近Quadが出来たばかりなのに「屋上屋を架す」様なこの動き◆ファイブアイズの仲間ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン首相が「オーストラリアの原子力潜水艦の自国海域への侵入を禁止」と声明を発表◆対中国でガッチリと結束しないといけない筈の海域でチョッと微妙な動きや空気が…" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント